杉元崇将のポジティブスイッチブログ

どんな挑戦も、どんな奇跡も、スイッチをONにして立ち向かう
ポジティブドリームパーソンズ代表杉元のポジティブスイッチブログ

POSITIVE SWITCH BLOG X TAKAMASA SUGIMOTO

【タイトルは「本気のPDPが動き出す!!」~<感動社内コンテスト2014>~】

こんにちは!今日も人生を楽しんでいます杉元です。

20140518h
<まずは最近大人気のコンテンツのオクトーバーフェスタを見学>

20140518c
<気持ちのいいサウンドはDJブースから>

20140518e
<このコンテンツと音楽はビアフェスとして相性抜群ですね>

20140518b
<世界のビールブース>

20140518d
<なんとその先に家族向けゾーンを配置。平日なのに物凄い数の家族連れやシニア層が来場!!驚>

20140518f
<ザヴィラズ福岡で新設されたテラス席でランチ。夏は人気になりそうですね>

20140518g
<夜は素敵な和食レストランの個室で。食事も景色も大満足です>

20140518a
<そして最後の写真は経済同友会の水曜会という分科会の中での講演。47歳で若手と言われる環境でド緊張でした(笑)>

さて現在私たちは、
「感動創出企業と言えばPDP」と言って頂けるような認知と権威を自ら実現するための努力と活動を続けていますが、
その実現をより早期にする為に数年前より「感動コンテスト」という社内イベントを実施しています。

2年に一度のペースなのですが、
毎年各事業や機能別組織よりアイデアや起案がなされ、
社内投票や評価をしながら最終的には賞の授与に加えメニューの外販化や新商品の投入などに全社の知恵や英知が活かされています。

PDPではこの数年前より旧中期三カ年計画に則って積極的な外部コンテストへの参加を進めており、
この「感動コンテスト」がその中のコアとなり社内の目線を合わせる為の大切なイベントとして位置付けています。

但しこの外部コンテストは職種によって評価や観点に違いがある為(例:料理や花=装飾性や独創性、ホテル=顧客満足度など)、
「感動」というPDPが軸としたいテーマでのイベントをまずは自社化し、まずは自社内でのその啓蒙やノウハウ化を事業を超えて進めています。
その上でこの感動コンテストの<先>にあるのが各事業における外部コンテストtおいう考え方で進めています。

この「感動コンテスト」のような取り組みは経営チームは勿論ですがメンバー含め会社全体が勝手に熱く盛り上がるセンスが重要であり(笑)、
今月5月はこの感動コンテストという社内イベントで勝手にPDPで盛り上がってほしいと考えています。

では今日も良い天気です。素晴らしい人生の一ページをお創りください!!では!!

Archive

Recent article

Book

杉元 崇将(Sugimoto Takamasa)株式会社ポジティブドリームパーソンズ 代表取締役

1967年2月13日生まれ、福岡県北九州市出身。
福岡大学商学部卒業、グロービス経営大学院修了(MBA)。1997年、レストランウェディングのプロデュースを中心とした「有限会社ポジティブ」起業。4年後、「株式会社ポジティブドリームパーソンズ(PDP)」へ組織・商号変更し、現職に至る。"感動創出企業"としてホテル、レストラン、ウェディングなど、幅広い事業を展開。2013年第13回 EYアントレプレナー・オブ・ザ・イヤー セミファイナリスト選出。

Page Top