杉元崇将のポジティブスイッチブログ

どんな挑戦も、どんな奇跡も、スイッチをONにして立ち向かう
ポジティブドリームパーソンズ代表杉元のポジティブスイッチブログ

POSITIVE SWITCH BLOG X TAKAMASA SUGIMOTO

【新たな期へ~<質と格を上げる最終年へ>~】

皆さんこんにちは!!。今日も人生を楽しんでいる杉元です!!。

 

G1①

<先週開催されたG1ベンチャーでの一コマ>

 

G1②

<総合プロデュースはカフェカンパニ―楠本さんとクレイジーウエディング山川さん!!。テーマは「2050年」!!。面白かった!!>

 

コーヒー①

<Newman新宿のコーヒーストア>

 

コーヒー②

 <目黒川で打ち合わせしながらコーヒー!!>

 

 

さて4月末にポジティブドリームパーソンズは期末を迎え、昨日の5月1日より新たな期をスタートしています。

旧年度も大変多くの皆様のご協力とご支援を賜りました。PDPメンバーを代表致しまして改めて御礼申し上げます。

 

昨期は個人的にも本を2冊出版した一年であり、且つPDPとしての活動も多岐に渡る中で、

会社として大きな成長を果たせた一年であると同時に、まだまだ地道に且つ粛々と様々な事に直視しながら取り組む必要性を再確認できた一年でした。

 

“99%の社員”から抜け出す人の考え方 ― イントレプレナーが日本の未来を創ってゆく。

http://www.amazon.co.jp/dp/4478061513

 

 

「感動」ビジネスの方程式 ― 「おもてなし」を凌駕する驚異の手法

http://www.amazon.co.jp/dp/4492502807

 

 例えばですが、

※徹底的にやり抜く組織力と徹底的にPDCAを廻す大切さ

※コンセプトを表層的でなく深層的に落とし込むしつこさの大切さ

※お客様とさらに一歩踏み込んだ関係創りや先手を打つ提案力の大切さ

※ブランドや店が「磁力」を持つ大切さ

※理念やカルチャーを継続的に目線を合わせる大切さ

※ストイックに向き合うだけでなく、ワクワク感を持ちながら向き合う事の大切さ

 

など。

挙げていくときりがないのですが僕にとっては40歳代の中でも1~2位を争う様々な気付きを得る事が出来た一年でした。

 

今期も様々なチャレンジと挑戦が続きます。少し今期は

※今まで養ってきたPDPの中での「目線を合わせる」事への重要性から

※「更に先」を目指し、進化や尖りを意識する

ような一年にしていければと思います。

 

今期も皆様よろしくお願い致します!!。

 

では皆さんGW真っ盛りです素晴らしい人生の一ページをお創り下さい!!。

Archive

Recent article

Book

杉元 崇将(Sugimoto Takamasa)株式会社ポジティブドリームパーソンズ 代表取締役

1967年2月13日生まれ、福岡県北九州市出身。
福岡大学商学部卒業、グロービス経営大学院修了(MBA)。1997年、レストランウェディングのプロデュースを中心とした「有限会社ポジティブ」起業。4年後、「株式会社ポジティブドリームパーソンズ(PDP)」へ組織・商号変更し、現職に至る。"感動創出企業"としてホテル、レストラン、ウェディングなど、幅広い事業を展開。2013年第13回 EYアントレプレナー・オブ・ザ・イヤー セミファイナリスト選出。

Page Top