杉元崇将のポジティブスイッチブログ

どんな挑戦も、どんな奇跡も、スイッチをONにして立ち向かう
ポジティブドリームパーソンズ代表杉元のポジティブスイッチブログ

POSITIVE SWITCH BLOG X TAKAMASA SUGIMOTO

【経営行脚~<「夢」だけでなく「今」も合わせる>~】

こんにちは!!。今日も人生を楽しんでいる杉元です。

 

緑

<出張先で見つけた素敵な風景>

 

早いもので6月も2/3が過ぎます。まもなく始まったばかりと思っていた2016年も折り返しと早いですね~~!!。

あと1カ月もすると梅雨が明けて夏突入、そして街は夏休み一色、そして今年はリオ五輪開催と一気に夏が来て一気に夏が駆け抜けていく一年だと思います。

 

TIME IS MONRY。時は金なり。

今年は前半で勝負を決すると決めています!!。ここから更に頑張ります!!。

 

さてPDPでは「経営行脚」というイベントがありますのでご紹介します。

 

簡単に言うと「経営方針の伝達と共有の場」という事になるのですが、その進め方が敢えて非常識であり非効率である事が大きな特徴です。

 

この年に一度の会は約8年ほど前までは全社員が一堂に集まって、僕を含めた経営チームが

■「前期の振り返り」や「当期の目標」などを確認し合うという【方針伝達】と

■全社のチームビルディングを高める【決起会】

という2つの意味合いをもって実施したのですが、組織も拡大していく中で

■メンバー一人一人との密着度やメンバー一人一人の経営戦略の理解を高めていく事を重視して「小さな単位にしっかり話す」

■そのトレードオフとして決起会的なイベントは「各部門に任せる」

というやり方に変え、今週から全国行脚に向かいます。

 

つまりわかりやすく言えば、

以前は東京の大型ホテルにメンバー一堂が集まって演説していたが、今はミカン箱の上で各地元ごとに少人数で話すみたいなやり方であり、

「盛り上がる事」よりも「理解された事」を重視するイベントとして現在も継続しています。

 

PDPも来年は丸20年を迎え、そろそろPDP全メンバーを一同で集合してこの週年イベントを盛り上げるタイミングですが、

もう少しこうした経営行脚や、ミドルとの飲みニケーションである「いいとも!」やメンバーとの飲みニケーションである「呑む会」、

そして採用メンバーとの「ウエルカムランチ」などのコミュニケーションコストは可能な限りかけていきながら、

一方で強化すべき課題としてピックアップしている

■ミドルマネジメントの「経営出来る人財育成」

■「採用時のミスマッチ」の減少策と「採用後の受け入れ強化」

■アルバイトメンバーの「早期戦力化と即戦力化」

という3つの経営の強化策も8月より経営合宿で経営チームと議論を重ねる予定です。

 

では皆さん今日も素晴らしい人生の一ページをお創り下さい!!。では!!。

 

 

 

 

Archive

Recent article

Book

杉元 崇将(Sugimoto Takamasa)株式会社ポジティブドリームパーソンズ 代表取締役

1967年2月13日生まれ、福岡県北九州市出身。
福岡大学商学部卒業、グロービス経営大学院修了(MBA)。1997年、レストランウェディングのプロデュースを中心とした「有限会社ポジティブ」起業。4年後、「株式会社ポジティブドリームパーソンズ(PDP)」へ組織・商号変更し、現職に至る。"感動創出企業"としてホテル、レストラン、ウェディングなど、幅広い事業を展開。2013年第13回 EYアントレプレナー・オブ・ザ・イヤー セミファイナリスト選出。

Page Top