杉元崇将のポジティブスイッチブログ

どんな挑戦も、どんな奇跡も、スイッチをONにして立ち向かう
ポジティブドリームパーソンズ代表杉元のポジティブスイッチブログ

POSITIVE SWITCH BLOG X TAKAMASA SUGIMOTO

【質と格を上げる体制へ~<新たに社外取締役が就任致しました>~】

皆さんこんにちは!!。今日も人生を楽しんでいる杉元です!!。

 

あすか会議1

<先週はグロービス経営大学院「あすか会議」へ!」

 

あすか会議2

<「起業という挑戦」というタイトルでパネルディスカッション>

 

 

さて既に先んじて関係の皆様にはご報告とご周知の通りですが、

以前弊社で社外取締役を務めて頂いていた野元さんに今期から復帰してもらう事としました。

https://www.facebook.com/yoshihisa.nomoto?fref=ts

 

約6年振りの復帰となりますが、

今回は経営チームの強化に加え、特にHRM戦略周辺のオペレーションやアドバイスをもらう事となります。

 

PDPでは大きな経営戦略として、ウエディング専門企業から日本NO1の感動創出企業という位置付けへの大きな進化を果たしています。

その事を実現するために事業領域を拡充しており、新たな採用戦略や育成戦略、人を伸ばす配置戦略や人が定着する仕掛けなど多岐に於いてのHMR戦略が、

経営戦略の中でもとくに重視される経営ステージに今のPDPは来ているとの判断が僕の中ではあり、

且つそのHMR戦略の構想を練る力や具体的に設計しながら運用していく体制と仕組みが重要であると考え、

以前だけでなくその後もPDPとの関与性が強く、PDPの組織状態を把握出来ている野元さんが改めて適任との判断に至り、今回の再着任との流れとなっています。

 

経営に関与して19年になりますが、

■組織は把握が難しく

■且つHRM戦略(ヒューマンリソースマネジメント=人的資源管理)は外科的な手術よりも内科的に自ら自走しながら外部のパートナーの皆さんの力を借りるという「メインは内製化」という着想が実は重要

■そして繰り返しになりますがその戦略を構想出来たり運営させる構想責任を担える人や実行責任を担える人がこのHRM戦略には非常に重要にここのところなってきた

と感じます。

 

事業の多岐化によりPDPでもメンバー数が非常に増えてきました。その上で一人当たり生産性をどう高めながらお客様に付加価値高いサービスを提供してゆくかはホスピタリティビジネスを手掛ける我々の宿命であり使命です。

是非新たに始まる次の10年に向けての方向性を示していきたいと考えています!!。皆さん改めて宜しくお願い申し上げます。

 

では今日も素晴らしい人生の一ページをお創り下さい!!。では!!。

 

 

 

 

Archive

Recent article

Book

杉元 崇将(Sugimoto Takamasa)株式会社ポジティブドリームパーソンズ 代表取締役

1967年2月13日生まれ、福岡県北九州市出身。
福岡大学商学部卒業、グロービス経営大学院修了(MBA)。1997年、レストランウェディングのプロデュースを中心とした「有限会社ポジティブ」起業。4年後、「株式会社ポジティブドリームパーソンズ(PDP)」へ組織・商号変更し、現職に至る。"感動創出企業"としてホテル、レストラン、ウェディングなど、幅広い事業を展開。2013年第13回 EYアントレプレナー・オブ・ザ・イヤー セミファイナリスト選出。

Page Top