杉元崇将のポジティブスイッチブログ

どんな挑戦も、どんな奇跡も、スイッチをONにして立ち向かう
ポジティブドリームパーソンズ代表杉元のポジティブスイッチブログ

POSITIVE SWITCH BLOG X TAKAMASA SUGIMOTO

【努力は報われると信じる!!】

こんにちは!!。今日も人生を楽しんでいる杉元です。

 

%e3%83%96%e3%83%aa%e3%81%ae%e3%82%ab%e3%83%ab%e3%83%91%e3%83%83%e3%83%81%e3%83%a7

<昨日行った渋谷区松濤のOGASAWARA>

 

%ef%bc%92

 

 

%ef%bc%93

 

 

%ef%bc%94

 

さてブログ更新が大変ご無沙汰してしまったのですが、この夏はリオオリンピックで大いに盛り上がり、来年の新卒採用活動も総合職は既に終了してご家族向けの説明会も開催し、現在は弊社今期に出店する新たなダイニングの準備やウエディングの更なる品質向上のプロジェクトに参画したり、この7月から努める起業家組織でもある一般社団法人EO東京の運営などとバタバタと忙しくしております。

そんな中で僕はポジティブドリームパーソンズのメンバー向けの社内ブログを毎週アップしているのですが、その中で「努力は報われる」というテーマでアップしたブログがあるので今回は皆さんにご紹介したいと思います。

 

・・・・・・・・・・以下一部掲載・・・・・・・・・・・・・・・・・

努力は必ず報われる。これも当たり前の言葉ですが仕事や人生に向き合う中で大切な言葉だと思います。

僕は「一生縣命頑張った人がバカを見ない会社や社会を創りたい」と常々考えています。

多少の能力差や実力差はあったとしても、目の前の事に真剣に取り組み、仲間と共に汗をかき、素直に仲間の成功を喜び、自らの失敗に直視できるような、清々しい人で溢れるPDPでありたい。

フェアプレーで臨む事は素晴らしく素敵な事だと信じており、最終的にはその人のスキルよりも人望が評価の決め手。努力する事できっと今より成長や進化があるとポジティブに捉えるセンスは大切だと考えていて、地道な努力を継続する「継続力」の高さなどを今後もPDPの大きな強みにしていきたいと考えています。

・・・・・・・・・・掲載以上・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

最近特に感じるのですが、事業の競争原理が少しずつ変わってきたと感じています。特にそう感じるのが2つでして、

■二極化が顕著。中途半端のポジションは何をしても埋もれやすく、更に強者に強さが集中する(セブンイレブンや強い専門店など)

■「一生縣命頑張っていればきっと誰かが見てくれている」という時代から「一生縣命頑張る姿を見える化しないと気付かれにくい」という時代(様々なメディアやSNSを駆使して努力の見える化が建設的に必要な時代)

の2つです。

 

一生懸命頑張る人がバカを見ない会社や社会を創る為には、こうしてそう考えている事の発信や、演歌的に一人でコツコツ頑張ることも重要ですが、情報を共有しながら組織的に努力を一緒に頑張り合ったり認めあったりする事の方が更に重要な時代になってきたと感じます。

 

PDPでも「感動星の会」と評して、毎月仲間や同志の頑張りを組織の中で見える化し、その事を年間で表彰する仕組みを昨期より取り入れ、「努力は報われるんだ」というお金でない喜びや「こうすれば同志の期待に応えれるんだ!」という喜びの共有を実施する事を通じて、いかに組織力や企画力や営業力や徹底力や浸透力を研ぎ澄ましながら、中途半端のポジションに埋もれないような組織に振り向けていくか?に頭を悩ましながら頑張っています。

 

更に頑張っていきたいと思います。

 

では皆さん今日も素晴らしい人生の一ページをお創り下さい!!。では!!。

 

 

Archive

Recent article

Book

杉元 崇将(Sugimoto Takamasa)株式会社ポジティブドリームパーソンズ 代表取締役

1967年2月13日生まれ、福岡県北九州市出身。
福岡大学商学部卒業、グロービス経営大学院修了(MBA)。1997年、レストランウェディングのプロデュースを中心とした「有限会社ポジティブ」起業。4年後、「株式会社ポジティブドリームパーソンズ(PDP)」へ組織・商号変更し、現職に至る。"感動創出企業"としてホテル、レストラン、ウェディングなど、幅広い事業を展開。2013年第13回 EYアントレプレナー・オブ・ザ・イヤー セミファイナリスト選出。

Page Top