杉元崇将のポジティブスイッチブログ

どんな挑戦も、どんな奇跡も、スイッチをONにして立ち向かう
ポジティブドリームパーソンズ代表杉元のポジティブスイッチブログ

POSITIVE SWITCH BLOG X TAKAMASA SUGIMOTO

【素晴らしい招待状を見て思う】

おはようございます。
今日も人生を楽しんでいる杉元です。
花見.JPG
<花見客が凄い数です>
さて4月9日に弊社のバルコニーレストラン&バーのメンバーとの「吞む会」を開催しました。
ちなみに「吞む会」とは4年前からスタートしている社内プロジェクトで、
※経営チームから見て「そのチームの組織状態や士気をコミュニケーションしながら認識する」
※こういった場面を定期的に開催し「企業理念の浸透や確認作業を実施する」
の2点に各位がコミットメントしながら呑みニケ―ションをするわけです。
9日は中目黒で中目黒川沿いには綺麗なライティングで多くのお客さんで盛り上がっていました。
さてあるレストランから招待状を頂きました。
もう今や有名なレストランですが、ディナーレストランとして5年、
そしてこの震災時期での周年イベントの開催是非についての苦悩などがその文面からは読み取れ、
久々に時間が合えば行ってみたいと思います。
昨今色んなメディアを見ていると、
「震災=自粛」という図式ではなく、「震災=復興」という図式のメッセージが増えており、
個人的には是非そうあるべきだと強く思います。
数年前いわゆる「9・11」の時のアメリカメディアを僕はネットでつぶさに見ていましたが、
「アルカイダによるテロ=自粛」ではなく、
「アルカイダによるテロ=愛国心+強い復興意欲(開拓精神とも言える)」
という図式に約1カ月で米国国民が一枚岩になっている姿を強く感じていました。
ちょうど震災から一カ月です。
「震災地の現状報告」を主体としたメディアやメッセージから、
「震災後の復興イメージの共有」を主体としたメディアのメッセージへそろそろ進化してゆくことを期待しています。
では今日も素晴らしい人生の一ページを創りましょう!!

Archive

Recent article

Book

杉元 崇将(Sugimoto Takamasa)株式会社ポジティブドリームパーソンズ 代表取締役

1967年2月13日生まれ、福岡県北九州市出身。
福岡大学商学部卒業、グロービス経営大学院修了(MBA)。1997年、レストランウェディングのプロデュースを中心とした「有限会社ポジティブ」起業。4年後、「株式会社ポジティブドリームパーソンズ(PDP)」へ組織・商号変更し、現職に至る。"感動創出企業"としてホテル、レストラン、ウェディングなど、幅広い事業を展開。2013年第13回 EYアントレプレナー・オブ・ザ・イヤー セミファイナリスト選出。

Page Top