杉元崇将のポジティブスイッチブログ

どんな挑戦も、どんな奇跡も、スイッチをONにして立ち向かう
ポジティブドリームパーソンズ代表杉元のポジティブスイッチブログ

POSITIVE SWITCH BLOG X TAKAMASA SUGIMOTO

【戦略目的と組織運営は重要である】

こんにちは!!今日も人生を楽しんでいる杉元です。
さて昨日はずっとこのウェブサイトを見ていました。
http://www.apple.com/jp/macosx/whats-new/#video-lion
アップルのやる事はいちいちカッコ良いですね。しかもこのLIONというネーミング。
そんなことを感じながら昨日は一日を過ごしました。
6年ほど前まではMACユーザーでしたが、現在はウィンドウズOSを中心とした環境に慣れた為
現在APPLE社の商品はipod位しか使っていませんが、
こういったAPPLEの戦略やネーミングはマーケティングの参考になります。
民主党.JPG
<民主党の大物3人>
さて数日前の日経新聞で唸る記事があり、なるほどと実感する思想がありました。
掲載内容は政治に関する民主党の取り組みに対してなのですが、
記載されていた内容を包括的にお伝えすると以下の通りです。
【民主党は果たしてこの国をどうしようとしているのだろうか。
党内でも「言った」「言わない」と少額し絵でもびっくりする内輪もめを繰り広げている。
ではなぜこのような事になるのだろうか?これを紐解く鍵は<失敗の本質>という側面から考えてみる必要がある。
旧日本軍による失敗の事例研究を通じて共通する組織の教訓に活かせる本として『失敗の本質』(戸部良一著)という本がある。
この本に重ね合わせて見ると、旧日本軍における失敗の法則と今の民主党における失敗の法則を検証する事が可能だ。
結論から言うと「戦略目的が定まっていないと組織は必ず失敗する」。
以前の民主党にははっきりとした戦略目的が存在した。一言で言えば自民党政治の否定。
09年総選挙で民主党は大勝し政権樹立目的が達成された。一方それ移行の戦略目的が定まっていない。
またかつての自民党のように「政権の座に座り続ける事が政権の戦略目的」とも割り切れていないようだ。
総選挙の際に掲げた「政権交代。」のキャッチフレーズがいみじくも示す通り、
この政権交代を果たした後の戦略目的が定まっていないからメンバー(ここでは議員)も言いたい事を言う。
少し視点を変えて見ると組織運営でも多くの疑問が残る。
何故だろうと目を凝らして見ると、組織運営出来る経験やキャスティングが出来ていない事が挙げられる。
例えば市民運動家(ここでは菅首相)、弁護士(これは仙石さんか)、松下政経塾(多分前原さん)などを見ていると、
人前での解説や説明する能力には長けていても、組織を動かす運営に長けた人がおらず、
これに長けていた官僚も排除している為、組織運営もまとまらない。
またその資質においても、
・自らの発言を方便と言ったり引退発言を撤回したり(これは鳩山さん)
・怒鳴り散らしたり独断専行で進めたり(これは菅さん)
と残念ながら政治家の育成体制が機能していないとも言える。
小泉純一郎内閣のあと、安倍、福田、麻生、鳩山、菅と5年間で5人の首相となり今回また変わる。
この変わり方は、戦略目的が明確でなかった為数カ月単位で首相が4人変わり、
国民への真意を問う為に日米開戦へと突き進んで行った1940年前後の政治と酷似である。】
長くなりましたがこんな論説でした。
ここから見てとれるのは、
◆その組織が目指すべき<戦略的目的や大義の重要性>
◆個々を伸ばす<育成の重要性>
◆上記2つを機能させる<マネジメントテクニック(運営能力)の重要性>
の3つが、戦前戦後問わず重要であるという事で企業とも全く同じであると痛感しました。
皆さんはどう考えますか?
では今日も素晴らしい人生の一ページをお創り下さい!!では!!

Archive

Recent article

Book

杉元 崇将(Sugimoto Takamasa)株式会社ポジティブドリームパーソンズ 代表取締役

1967年2月13日生まれ、福岡県北九州市出身。
福岡大学商学部卒業、グロービス経営大学院修了(MBA)。1997年、レストランウェディングのプロデュースを中心とした「有限会社ポジティブ」起業。4年後、「株式会社ポジティブドリームパーソンズ(PDP)」へ組織・商号変更し、現職に至る。"感動創出企業"としてホテル、レストラン、ウェディングなど、幅広い事業を展開。2013年第13回 EYアントレプレナー・オブ・ザ・イヤー セミファイナリスト選出。

Page Top