杉元崇将のポジティブスイッチブログ

どんな挑戦も、どんな奇跡も、スイッチをONにして立ち向かう
ポジティブドリームパーソンズ代表杉元のポジティブスイッチブログ

POSITIVE SWITCH BLOG X TAKAMASA SUGIMOTO

【学ぶ事を通じ、解釈の仕方も変わる】

こんにちは。今日も人生を楽しんでいる杉元です。
父の日.JPG
<初めて娘から絵を貰いました。泣きそうです。。by父の日>
さて以下の写真はIBMを再建した事で有名なルイスガ―スナ―の「巨像も眠る」です。
数年ぶりにこの本を読み直してみました。
巨像も踊る.JPG
<ルイスガ―スナ―著:巨像も踊る>
多分以前読んだのは約7年ほど前です。
7年前と言えば僕が35歳過ぎも頃だったと思うので、僕自身も独身で会社もまだまだアーリーステージで、
マネジメントシステムや経営管理も脆弱だった頃だと記憶しています。
その時に読んだ感想として記憶しているのは、
「へぇ~~、すごいな~~」「ふ~ん、なるほどな~~」など
あくまで倒産間際のIBMを復活させたカリスマ経営者という【感想レベルの印象】しか残っていないのですが、
この7年間という時間・学び・経験などを通じて
「なるほど。。ここでこんな経営戦略を投入したんだな~」や
「組織にメッセージを意図的に伝達する事で○○に導こうとしたんだな~」や
「比較的現場に近い愚直な経営者なんだな」など、
この本に限らず【打ち手と学びを繋げて読む事】が出来ている自分の成長も嬉しいです。
人は経験や学びを通じ、
上記のような本だけでなく様々なシーンでの【解釈の仕方】や【引き出しの使い分け】などという成長を果たしながら、
同じ本を読むにしてもその解釈するレベルは進化するんだなと感じた次第です。
今日も暑い一日になりそうです。素晴らしい人生の一ページをお創り下さい!!では!!

Archive

Recent article

Book

杉元 崇将(Sugimoto Takamasa)株式会社ポジティブドリームパーソンズ 代表取締役

1967年2月13日生まれ、福岡県北九州市出身。
福岡大学商学部卒業、グロービス経営大学院修了(MBA)。1997年、レストランウェディングのプロデュースを中心とした「有限会社ポジティブ」起業。4年後、「株式会社ポジティブドリームパーソンズ(PDP)」へ組織・商号変更し、現職に至る。"感動創出企業"としてホテル、レストラン、ウェディングなど、幅広い事業を展開。2013年第13回 EYアントレプレナー・オブ・ザ・イヤー セミファイナリスト選出。

Page Top