杉元崇将のポジティブスイッチブログ

どんな挑戦も、どんな奇跡も、スイッチをONにして立ち向かう
ポジティブドリームパーソンズ代表杉元のポジティブスイッチブログ

POSITIVE SWITCH BLOG X TAKAMASA SUGIMOTO

【「つぶやき」と「見解」の差を考える】

おはようございます。今日も人生を楽しんでいます杉元です。
(なぜか今日はエネルギーが満ちあふれています!!)
TGIフライデーズ.JPG
<TGIフライデーズでランチ。安い!!>
さてニュースを見ていて菅総理大臣による「脱原発宣言」に近い発言を聞きました。
僕は原発推進論者でも反原発論者でもない為、これの発言についての是非に見解を述べる立場にはありませんが、
鳩山前総理大臣による沖縄基地移設に対する「最低でも県外」という発言に対し、
我々国民は一定の信任を民主党に投じ民主党政権が誕生し、その上で「実は方便だった」との発言に至る過程で
【国民として政治を判断する能力の幼稚さ】を知ったわけですが、
「言葉の重さ」をどう捉えるべきで、国民は以前の鳩山前首相や今回の菅総理大臣の発言に対し【なぜ違和感を感じるのか】を考えてみました。
話は変わりますが、
フェースブックとツイッタ―をやってます。しかしこの双方の使い分けに苦労しています。
特にツイッタ―のリツイ―トやハッシュタグが解りません(笑)
よって現在はフェースブックに集中すると決めました。
またその際にこのフェースブックで「つぶやく」と言う事は、
・杉元崇将という個人の立場で「つぶやく」べきなのか(個人の見解)
・それとも杉元崇将という感動創出企業のリーダーとしての「見解」「コメント・発言」なのか(社会人の見解)
の軸をはっきりさせないといけないと常に意識しています。
僕のみならず社会で生きて活動をしている人は全員「個人の立場」ですが、
1人の社会人として強い自覚を持ちながら、社会に属する全員が、
社会人としての立場、すなわち「自分の発言に責任を持つセンス」でコメントすべきと考えています。
これは昨年発生した有名外資系ホテルのアルバイトの方が
ツイッタ―で「だる~い。この客色々文句言ってくるし最悪。○○という客だ~」みたいな「個人のつぶやき」が大きな問題に発展し、
そのホテルが大きく信頼を落とした事実が物語っていると思います。
話を菅総理大臣の「脱原発宣言」に戻します。
個人的に僕は、
日本のリーダーとして「脱原発」という国の大きな方針を示す事は悪いことではないと考えています。
但し新聞やニュースでの記事や民主党内の反発を俯瞰して見てみると、
やはり日本の政治には今大きな課題が2つ存在していると常にと思います。
◆実現性の検証が弱い
⇒ここが「ひらめき」「突発的」と言われる源兆だと思います。つまり「ファクト整理が甘い」
小泉元首相の数十年も一貫していた「郵政民営化」が、
定量的にどの位の経済効果があるかなどを具体的に示し、
工程表まで作った上で、地道なライフワーク、信念に近い取組だと国民に理解させたのに比べ、
当時批判を浴びた麻生元首相の「マンガ博物館構想」や鳩山さんの「CO2削減25%」など、
自身の政治生命をかけたライフワークであることを国民に理解させる能力や一貫性ある発言、
そのアイデアは市場環境や内部環境をどう見立てた上で、
その実現性をどう見ているのか?、実現の覚悟の度合いをどう伝えるのか、
「なぜそう考えるのか」を数字で話せない事が致命的だと思います。
よく言われる「総理大臣自体の資質」もあるのかもしれませんが、
今の政治には会社でいう所の経営管理のような実務機能能力が極端に弱いのだと思います。
会社で言えば即倒産ですね。
◆組織のガバナンスが既に致命的
⇒僕は総理大臣の任期・党首選挙などを変えて、
もっと外国のように総理大臣が長期経営でき且つ権限を集中させる法律や体制に変えないと、
日本の将来はないと思っています。つまり日本の破壊的創造を果たす為には一定の時間確保と強力な権限が必要」という考え方です。
ではその長期且つ権限を得た総理大臣を毎回優秀なレベルで生み出すHRMシステムも長期的には重要。
つまり
・採用・出口=選挙で選ばれ選挙で負ける入口管理と出口管理は良いとして、
・報酬=そもそも田中角栄のころから変わってないよね。差をもっとつけてはどうだろう
・配置=基本的に派閥人事だよね。みずほ銀行のたすき掛け人事と変わらないよね
・育成=「背中を見て覚えろ」のやり方を今も踏襲してるよね
・評価=選挙がこれに該当するけど、基本的に将来評価でなく過去評価だよね。ここ逆にした方が良い
を根本的に変えないと今後将来の政治家のレベルも上がらない。そう考えています。
皆さんはどう考えますか?
また個人的に政治家だけでなくこれからのビジネスパーソンは、
◆方針や考え方を「ワンフレーズに踏襲させる能力」
◆一枚の絵にする「まとめる能力」
◆ストレス耐性の強い「ドM能力」
も備わっていないと失格だと思います。
では今日も素晴らしい人生の一ページをお創り下さい!!では!!

Archive

Recent article

Book

杉元 崇将(Sugimoto Takamasa)株式会社ポジティブドリームパーソンズ 代表取締役

1967年2月13日生まれ、福岡県北九州市出身。
福岡大学商学部卒業、グロービス経営大学院修了(MBA)。1997年、レストランウェディングのプロデュースを中心とした「有限会社ポジティブ」起業。4年後、「株式会社ポジティブドリームパーソンズ(PDP)」へ組織・商号変更し、現職に至る。"感動創出企業"としてホテル、レストラン、ウェディングなど、幅広い事業を展開。2013年第13回 EYアントレプレナー・オブ・ザ・イヤー セミファイナリスト選出。

Page Top