杉元崇将のポジティブスイッチブログ

どんな挑戦も、どんな奇跡も、スイッチをONにして立ち向かう
ポジティブドリームパーソンズ代表杉元のポジティブスイッチブログ

POSITIVE SWITCH BLOG X TAKAMASA SUGIMOTO

【成長=企業は一年でこうも成長する】

おはようございます。今日も人生を楽しんでいます杉元です。
聖路加.JPG
<このビルの最上階で>
12年内定者.JPG
<12年新卒内定者との懇親会>
内定者向け懇親会.JPG
<内定おめでとうでは無い。これからのPDPの未来を創る権利獲得に乾杯。頑張れ!!>
さて今朝はまずこのニュースに驚きました。
http://jp.techcrunch.com/archives/jp20110728mediba-acquired-nobot/
スタートアップ企業のイグジットとしては素晴らしいパフォーマンスです。
朝の7時ごろにフェースブックでこの事を知りましたが体温が1度程上昇したのを感じました(笑)。
「さあ今日も一日を頑張ろう!!」。
そんな強いエネルギーを感じるニュースです。
見方によってはなぜIPOではないの?の見方もあるかもしれませんが、
中長期や海外展開・チャネル獲得など複動的な視点で見た小林さんなりの戦略だと思います。
おめでとうございます。
http://jp.techcrunch.com/archives/jp20110728mediba-acquired-nobot/
最近「いかにしてベンチャー企業からメガベンチャーへの進化を図るか?」と常に考えています。
もっと言えば「いかにしてゼロから事業化実現が出来る社風やカルチャーを醸成し、
そんな人財発掘や人財育成を実現し続ける企業を創るか」です。
誤解を恐れずあえて言えば、
僕は先日お話を聞いた日本電産永守社長の「恋愛する時間があれば仕事しろ!!」が強烈に響く世代。
加えて20歳代の頃はよく先輩に、
「仕事の世界で20歳代はクソガキ。30歳代でやっとガキ。そして仕事は40歳代で一人前になる。しかしその後は風化する。だから成長と風化の打破に死ぬほど働かないといけない!!」なんて言われてドMに「はい!!」と答えていた世代(まさに洗脳)
一方、だからこそビジネスチャンスが自分には数多く与えられ、現在も、
・この20歳代~30歳代の「時間があったら仕事!!」を信じきった経験、
・20歳代前半によく言われた「チャンスは2度ない。1度を確実に活かせ!!」への強烈な執着
・社会人前半にある外国人に言われた「Mr SUGIMOTOの言う<数字>とは願望や目標ではないのか。それは違う。<数字>とは達成すべきコミットメントである」と言われた言葉が、ガ―ンと頭に突き刺さったあの経験。
こんなイズムを自社にも数多く伝播してゆき、
ダウンサイジングする日本のV字に一役買う名実ともに優秀なビジネスパーソン溢れるメガベンチャーに自社を導きたい。
今まさにそんな想いですね。
そんな人財をどうやって創るか?。採用するか?
そしてそんな人財を創出する企業文化をどう構築するか?
こんな事を改めて考えさせてくれる今朝のノボっトのニュースでした。
では今日も素晴らしい人生の一ページをお創り下さい!!では!!

Archive

Recent article

Book

杉元 崇将(Sugimoto Takamasa)株式会社ポジティブドリームパーソンズ 代表取締役

1967年2月13日生まれ、福岡県北九州市出身。
福岡大学商学部卒業、グロービス経営大学院修了(MBA)。1997年、レストランウェディングのプロデュースを中心とした「有限会社ポジティブ」起業。4年後、「株式会社ポジティブドリームパーソンズ(PDP)」へ組織・商号変更し、現職に至る。"感動創出企業"としてホテル、レストラン、ウェディングなど、幅広い事業を展開。2013年第13回 EYアントレプレナー・オブ・ザ・イヤー セミファイナリスト選出。

Page Top