杉元崇将のポジティブスイッチブログ

どんな挑戦も、どんな奇跡も、スイッチをONにして立ち向かう
ポジティブドリームパーソンズ代表杉元のポジティブスイッチブログ

POSITIVE SWITCH BLOG X TAKAMASA SUGIMOTO

【SNSの競争は「コンビニの棚の奪い合い」に近いな~】

こんにちは。今日も人生を楽しんでいる杉元です。
宝島.jpg
<久々見た衝撃的な広告。宝島社。凄い!>
先日私が通学する大学院のウェブサイトに掲載して頂きました。
一部映像にも出て大変励みになりました。
http://mba.globis.ac.jp/student/zaikousei/detail-912.html
さてSNSです。
何か時代が変化するムーブメントを感じています。
集客・顧客とのコミュニケーション・人との関わり方など全てにおいての変化を感じます。
企業戦略とより緻密に検討を進めるタイミングだと見ています。
ちなみに僕は本ブログに加えフェースブック・ツイッタ―を使っていますが、
<㈱ポジティブドリームパーソンズ代表取締役の杉元崇将>としての側面で全てコメントするようにしています。
また、これまでの経緯ですが
◆まずはブログからスタートし2011年初旬までは本ブログのみだった
◆2009年位にミクシーにも登録。しかしほぼ使わなかった(匿名性に意味を見いだせなかった)
◆2011年3月よりフェースブックとツイッタ―の2つを始めた
◆この2つを始めるとブログを書く時間が無くなってきた
◆実は一日でSNSに対峙できるトータル時間は決まっていると考えてきた
◆フェースブックをまず極めたいと考え、思い切ってツイッタ―の更新を止めた
◆ブログ更新は週1~2回は維持すると決めた
よって現在は、
◆毎日フェースブックをチェックする+週1~2度ブログを更新する
◆フェースブックに取り組む時間分、
 ブログ更新が一度減った+他の方のブログを読む時間がほぼ無くなった
こんな変化となりました。
おそらく大半の方が同じ傾向だと思いますが、
実はSNSと対峙する時間は一日当たり◎時間と決まっていて(仕事や睡眠時間などで決まっている)
何かを始めれば何かの時間を削減するという、
まさに「コンビニの棚の奪い合い」と同じではないかと思います。
と言う事は、
集客や顧客とのコミュニケーションの取り方含め、
ウェブサイトの位置付けやどうフェースブックと繋げるのかなど、
企業戦略の大きなポジションにSNS対策は入ってきたと感じると同時に、
この事をどう次の集客や顧客とのコミュニケーション戦略に据えるかなどを、
判断出来る組織や組み立て出来る人財が大変重要ですね!!。
グログが開設された時以上に重要であると感じます。
では今日も素晴らしい人生の一ページをお創り下さい!!では!!

Archive

Recent article

Book

杉元 崇将(Sugimoto Takamasa)株式会社ポジティブドリームパーソンズ 代表取締役

1967年2月13日生まれ、福岡県北九州市出身。
福岡大学商学部卒業、グロービス経営大学院修了(MBA)。1997年、レストランウェディングのプロデュースを中心とした「有限会社ポジティブ」起業。4年後、「株式会社ポジティブドリームパーソンズ(PDP)」へ組織・商号変更し、現職に至る。"感動創出企業"としてホテル、レストラン、ウェディングなど、幅広い事業を展開。2013年第13回 EYアントレプレナー・オブ・ザ・イヤー セミファイナリスト選出。

Page Top