杉元崇将のポジティブスイッチブログ

どんな挑戦も、どんな奇跡も、スイッチをONにして立ち向かう
ポジティブドリームパーソンズ代表杉元のポジティブスイッチブログ

POSITIVE SWITCH BLOG X TAKAMASA SUGIMOTO

【なりきってみる!!~<自分はまだまだだな~~と感じる瞬間に身を置く>~】

こんにちは!!今日も人生を楽しんでいる杉元です!!。

20140913a
<2015年内定者懇親会。この時期に毎年実施しています!!>

20140913b
<GREAT KEI!!。準優勝おめでとう!!>

さて先日現KDDIで旧第二電電設立者でその後イーアクセスやイーモバイルを設立された千本元社長の話をお聞きする機会がありました。

千本さんは元NTTですが京セラ稲盛さんと組んで第二電電を設立された訳ですが、
その中で「大義」の必要性を話されておりその話に大いに共感しましたので一部皆さんにシェアしたいと思います。

簡単に言えば、
※小義に自惚れたり(うぬぼれたり)、小義で喜んではダメ
※そうではなく、自分の人生を賭けた大義を見出し、大義に人生を賭けるべき
※大義とは、「これはおかしいのではないか?」「こうすればもっと良くなるのではないか?」という疑問や意義
※大義で、世の中を変えよ
というメッセージであり、固定電話や携帯電話の価格や使い勝手に大きな疑問や改善の意義を見出し、その事に賭けた千本さんだからこそ大きな説得力とパワーを感じる内容でした。

また、
※100億位で良いと思ってはダメ。1000億位までいかないと社会に大きな意義を果たしたと言えない
※自分が(千本さん)第二電電を創ったのは42歳の厄年の時。そんなスタートに比べるとみんなはまだ若い。ガンガン行け!!
等の話を聞いていて何か自分に言われているようで(笑)「僕はまだまだだだな~~」と大いなる反省と気合を感じた内容でした。

実は僕はソフトバンク孫社長やユニクロ柳井社長、日本電産永守社長が大きなディールの発表をする時などに、
※「凄いな!!」という<客観的で俯瞰した視点>よりも
※<本人になりきってみた視点>で「自分がその立場だったら今この判断にどんな怖さがあって今どんな気分なんだろう」
という感覚で例えば「仮想想孫社長」になりきってみたりする時間をかなりの時間あえて取ってみたりしています。

そうすると、
なりきっただけで背中に汗をかいてきたり(笑)、苦しくなってきたり嬉しくなってきたりという感情を「仮想体験」する事が出来て、
今現実的にある目の前の問題を小さく感じたり、簡単に解決する事が出来たという経験があります。

僕に至っては自分が全く及ばない程の社長に「なりきってみる」事で、上記のような経験や仮想体験をする事が出来る訳ですが、
例えばこのブログ読者の皆さんで社長でない方も多数居られますが、その時は例えば、
※「上司の○○部長が今なぜこの事を強く言っているのか?」なども「なりきってみる」と少し見えてきたり、
※「○○社長になりきって聞いてみると、今この事をここまで強化したいのが見える」
という事が仮想化したりその社長に同期化することで随分明確に見えると思います。

これは僕がグロービス経営大学院にMBAを学びに行った時に、
限られた時間の中で最大限の学びを得る為にはどうした方が良いか?を考えた答えが「自分がケースの主人公になりきって考える」でした。

ケースの主人公に自らなりきって考えると、解かねばならない答えや導き出すべき論理も大切ですが、
実社会で直面する判断や決断の苦しさに加え、時として論理を超えた判断の大切さが見えてくる。

上司や部下に自分を仮想的に同期してみたり、
時として孫社長がスプリントを買いにいっている時と、そんな判断が出来る筈もない自分をあえて同期化させて仮想孫社長になりきってみて自分を鍛えてみる。

「自分はまだまだだな~~」という事を最終的には感じたり、自社のリソースに加え自分の器で何がどう足りてなくて、足りていてもどう判断できないのか?が、僕にとっては随分見えてきて自分の不足部分が自分で明らかになってきます。

少しでも皆さんの参考になれば幸いです。
では皆さん今日も素晴らしい人生の一ページをお創り下さい!!では!!

Archive

Recent article

Book

杉元 崇将(Sugimoto Takamasa)株式会社ポジティブドリームパーソンズ 代表取締役

1967年2月13日生まれ、福岡県北九州市出身。
福岡大学商学部卒業、グロービス経営大学院修了(MBA)。1997年、レストランウェディングのプロデュースを中心とした「有限会社ポジティブ」起業。4年後、「株式会社ポジティブドリームパーソンズ(PDP)」へ組織・商号変更し、現職に至る。"感動創出企業"としてホテル、レストラン、ウェディングなど、幅広い事業を展開。2013年第13回 EYアントレプレナー・オブ・ザ・イヤー セミファイナリスト選出。

Page Top