杉元崇将のポジティブスイッチブログ

どんな挑戦も、どんな奇跡も、スイッチをONにして立ち向かう
ポジティブドリームパーソンズ代表杉元のポジティブスイッチブログ

POSITIVE SWITCH BLOG X TAKAMASA SUGIMOTO

【戦略的組織】

こんにちは。今日も人生を楽しんでいる杉元です。
建築やインテリア業界で有名な商店建築で弊社THE LANDMARK SQUARE TOKYOを巻頭特集デ取り上げて頂きました。
ありがとうございます。
商店建築_201111[1].pdf
さて『戦略的組織』についてです。
よく『組織は戦略に従う』と言いますが、
全社戦略や事業戦略をどんな構想で経営側やミドルマネジメントが戦略をを持っているのか?
この戦略を実現するためにはどんな戦闘態勢(つまり組織)が必要?もしくは有効なのか?
または視点を変えて。
将来得たいビジョンを獲得するためには
今何に投資し、今何を育成しておくべきなのか?もしくは何を捨て何に時間をかけないのか?
繰り返しになりますが、
『組織は戦略に従う』為、自社が今もしくは将来に何をしたいかや今は何を解決したいのか?が明確にし、
トップ自らでその意志や意図を伝える事がとても重要だと思います。
今期より新たな中期3カ年計画を実施している弊社ですが、
昨年までの「身長伸ばさず筋トレしまくる」という<自ら鍛えながら事業を進化/変化させてゆくステージ>から、
「筋トレしながら身長伸ばす」という<進化させた事業や組織を育成してゆくステージ>に
大きく舵を切っています。
数多くの諸先輩経営者からの、
「企業は売上が100億を超えるタイミングに強い組織力が構築されているのかが何よりも重要」という教えを僕は信じており、
今期超える100億の売上を前に、念には念を押して組織力や人財力の強化に力を入れているつもりです。
ただそれでも完璧はなく新たな中期3カ年計画の1/6が終了したこの今期下期より、
※既存事業の継続的強化(組織力と戦略力強化=既存事業の成長性があってこそ新規事業があるという考え方の強化)
※新規事業のスピード強化(数年先のPDPの事業成長を支える新規事業部門のベンチャー的スピード強化)
の2つの戦略的目的で、11月より新たな戦略的組織で臨んでいます。
繰り返しになりますが『組織は戦略に従う』とはよく言います。
この2つの戦略を、どういった戦闘態勢(要は組織)で臨むのか?
常に経営者が考え続けなければならない事ですね!。
では今日も素晴らしい人生の1ページをお創り下さい!では!

Archive

Recent article

Book

杉元 崇将(Sugimoto Takamasa)株式会社ポジティブドリームパーソンズ 代表取締役

1967年2月13日生まれ、福岡県北九州市出身。
福岡大学商学部卒業、グロービス経営大学院修了(MBA)。1997年、レストランウェディングのプロデュースを中心とした「有限会社ポジティブ」起業。4年後、「株式会社ポジティブドリームパーソンズ(PDP)」へ組織・商号変更し、現職に至る。"感動創出企業"としてホテル、レストラン、ウェディングなど、幅広い事業を展開。2013年第13回 EYアントレプレナー・オブ・ザ・イヤー セミファイナリスト選出。

Page Top