杉元崇将のポジティブスイッチブログ

どんな挑戦も、どんな奇跡も、スイッチをONにして立ち向かう
ポジティブドリームパーソンズ代表杉元のポジティブスイッチブログ

POSITIVE SWITCH BLOG X TAKAMASA SUGIMOTO

【魅せ方】

こんばんは!今日も人生を楽しんでいる杉元です。
早いもので2月も1/3が終了。つまり2012年も1/10が終了したわけです。
TIME IS MONEYの精神で今日も時間を有効に使いたいと思います。
さて我々のようなレストランやフラワー―ビジネスやウエディングビジネスを取り扱う企業にとって、
「いかにその施設やコンテンツを、顧客に対し魅力的にプレゼンテーションするか?」
「そのプレゼンテーションを、いかにビジネス、顧客満足度、収益、リピーターに紐づけるか?」
「そのプレゼンテ―ションを以下に高速化し、差別化に直結させるか?」
という視点が重要になります。
これをつまりは僕の言葉では【魅せ方】という言葉になるのですが大変重視する重要なファクターです。
このヒントを僕の場合は殆ど異業種に求めますが、
例えば昨年末開業したルミネ有楽町。
都会の女性をより明確に絞った構成や色合い。参考にしています。
また以下はデリメニューで有名なR1/F。
R1F.JPG
<整理整頓・色が鮮やか>
色遣いが綺麗で、ブッフェメニューや朝食メニューの参考になります。
<作り手>の都合ではないサービスの<受け手>に
「家庭のテーブルを今日もパーティー気分にさせたい」というコンセプトが消費者から見れば明確です。
特にここで紹介したいのは最近日経ビジネスなどでも紹介される事の多い食品チェーンのハローデイ。
この会社は
・徹底した朝礼や
・掃除の重視
などがよく紹介されていますが、
「同業の見学が絶えない」という意味が理解できる程、店作りに大きな特徴を感じます。
ハローデイ2.JPG
<まずエントランス。フルーツのビタミンカラ―が鮮やか!マーチャンダイジングの能力が高い>
ハローデイ3.JPG
<各店異なるコンセプト。この店のコンセプトは「学校」。レジ奥には本棚ディスプレイ>
ハローデイ4.JPG
<女性や子供がに対し、「安い」という価値だけでなく「楽しい」という価値を提供できている>
ハローデイ.JPG
<社員も誇りや自信を持っている感じがキビキビしたサービスに繋がっている。Goodサイクルを感じた>
ハローデイ1.JPG
<評価の声、お叱りの声を見える化。見習う検討が必要>
僕が見て感じたのは、
・ディーン&デル―カに類似した米国のストアによくある「楽しい店づくり」
・料理調理をほぼ館内で仕上げる。鮮度や出来たての食材を楽しめる
・至るところでイベントをやっている(マイクを片手にまるでフランスのマルシェに迷い込んだような楽しさ)
値段は決して安くないのですが、地域一番人気を獲得する【楽しさ】や【魅せ方】の重要性を強く感じた次第です。
では今日も素晴らしい人生の一ページをお創り下さいね!では!

Archive

Recent article

Book

杉元 崇将(Sugimoto Takamasa)株式会社ポジティブドリームパーソンズ 代表取締役

1967年2月13日生まれ、福岡県北九州市出身。
福岡大学商学部卒業、グロービス経営大学院修了(MBA)。1997年、レストランウェディングのプロデュースを中心とした「有限会社ポジティブ」起業。4年後、「株式会社ポジティブドリームパーソンズ(PDP)」へ組織・商号変更し、現職に至る。"感動創出企業"としてホテル、レストラン、ウェディングなど、幅広い事業を展開。2013年第13回 EYアントレプレナー・オブ・ザ・イヤー セミファイナリスト選出。

Page Top