杉元崇将のポジティブスイッチブログ

どんな挑戦も、どんな奇跡も、スイッチをONにして立ち向かう
ポジティブドリームパーソンズ代表杉元のポジティブスイッチブログ

POSITIVE SWITCH BLOG X TAKAMASA SUGIMOTO

【質と格を上げる三年間へ~<新たな中期三カ年計画>~】

こんにちは!今日も人生を楽しんでいる杉元です。

20140816a
<今年はこんな写真を多くの皆さんにお届けしたい!(写真は5月の世界起業家フォーラムbyギリシャ)>

さて梅雨が明けたばかりと思っていましたが早いもので八月も中盤を超えてきました。
甲子園での高校野球が終わるといつも夏の終わりを感じるわけですが、
「時は金なり=TIME IS MONEY」を常に意識しながら先行逃切りな毎日を送っていきたいと考えています。

さて弊社ポジティブドリームパーソンズは今期より新たな中期三カ年計画がスタートし、
現在はその初年度の1Qが修了&2Qが始まった時点というタイミングです。

6月の一カ月を利用して、
■前年までの中期三カ年計画の振り返り、フィードバック
■本年より開始する新たな中期三カ年計画の目的、意味合い、成果物
などを全PDPメンバーに説明を加え、現在もその浸透に僕のかなりの時間とエネルギーを投じたところです。

実はこの中期的な計画を設定してこなくて、
経営を良い意味で短期的な単年志向で経営してきた1997年の会社設立から10年目までのやり方から、
会社経営をざっと3年単位くらいのスケールで廻し始めた2008年から数えて三回目の中期三カ年計画になります。

2008年~2010年の最初の三カ年のキーメッセージは「身長伸ばさず筋トレしまくる」。つまり、
※売上成長はこの三年間に限り止めてもよし。
※但し本当の勝負はもっと先。今のうちに改革をしておくべき事に手を打つ三年間。
という大きな方針を定め、売上成長よりも収益性、組むべきクライアントや顧客の見極め、新規採用力よりも既存メンバーへの育成力強化などに取り組んだ三年間でした。

そして前回の三カ年のキーメッセージは「筋トレしながら身長伸ばす」。つまり、
※前の三年間で取り組んだ事を引き続き着手し緩めない。
※但しその筋トレで付いた地力を活かしながら売上の伸長にコミットする三年間。
という大きな方針であり、収益性を高めながら売上成長、組んだクライアントや顧客との密着度を更に高め、引き続き社内メンバーの育成を軸に置きながら採用力を維持するという戦い方の三年間でした。

メンバーの努力や多くの皆様の支援もあり、大枠果たしたかった成果の約80%程度は実現できたという手ごたえですが、
課題た打つべき対策も多く顕在化していると僕自身は経営者として捉えており、
今期からの新しい三カ年のキーメッセージは「質と格を上げる」三年間にする方針としました。

具体的には、まずもって「日本NO1の感動創出企業」としての位置付けや権威付けの獲得を重視しており、
「PDPはこの三年間で企業としての質と格がワンステージ上がったな。。」
「PDP感動創出の手法も一つのアプローチの手法としてはアリだよね。。」
などの定性的なコメントや認知、信頼をこの三年間で築く事を第一命題に設定しています。

この実現へのコミットが、最終的には売上や収益性のインパクトに効いてくると見ておりこの三年間で大きな成果と成長を果たしながら、
会社全体の位置付けとして、
■ウエディング専門企業から感動創出企業への脱皮の完成に加え、
会社全体の中身や売上に於いても、
■ウエディング中心企業からフード&べバレジや感動技法を中心とした感動創出企業
へ大きく舵を切る事になります。

この秋から僕自身の海外出張もかなり増える計画です。
是非皆さんの相変らぬご支援とご指導を頂けましたら幸いです。

では皆さん今日も素晴らしい人生の一ページをお創りください!!では!!

Archive

Recent article

Book

杉元 崇将(Sugimoto Takamasa)株式会社ポジティブドリームパーソンズ 代表取締役

1967年2月13日生まれ、福岡県北九州市出身。
福岡大学商学部卒業、グロービス経営大学院修了(MBA)。1997年、レストランウェディングのプロデュースを中心とした「有限会社ポジティブ」起業。4年後、「株式会社ポジティブドリームパーソンズ(PDP)」へ組織・商号変更し、現職に至る。"感動創出企業"としてホテル、レストラン、ウェディングなど、幅広い事業を展開。2013年第13回 EYアントレプレナー・オブ・ザ・イヤー セミファイナリスト選出。

Page Top