杉元崇将のポジティブスイッチブログ

どんな挑戦も、どんな奇跡も、スイッチをONにして立ち向かう
ポジティブドリームパーソンズ代表杉元のポジティブスイッチブログ

POSITIVE SWITCH BLOG X TAKAMASA SUGIMOTO

【ターゲットを絞る⇒渋谷ヒカリエの差別化】

こんにちは!今日も人生を楽しんでいる杉元です。
今日は雨ですがゴールデンウィークは概ね天気に恵まれるようです。
レストランにホテルそしてウエディングに母の日と、
僕たちの仕事はお客様が休みの日や仕事が終わった後の満足提供や安らぎ、感動創出が仕事です。
是非素晴らしいゴールデンウィークをお過ごしください^^
さて昨日オープンした渋谷ヒカリエでお客様と待ち合わせ、
打ち合わせ前にグルッと店内を早歩きで見て回りました。
オフィスは当然入れませんので商業施設部分だけの見学でしたが、
印象としては広告での告知通り「想定している顧客ターゲットが思った以上に明確」という印象でした。
ヒカリエ1.JPG
<8階のクリエイティブスペース>
ヒカリエ2.JPG
<7階飲食フロア。貞寛さんのヘルシーレストラン。満席のお客さんはほぼ女性。看板が見やすいので多くのお客さんがどんどん入る>
ヒカリエ3.JPG
<これは大箱!>
ヒカリエ4.JPG
<このファンが素敵だ!>
ヒカリエ5.JPG
<どの店も個性出しまくりです>
ヒカリエ6.JPG
<京都?だったかな?よくお土産で頂くかりんとう屋さん。全て女性で大行列でした>
ヒカリエ7.JPG
<ワイズテーブルさんのショコラデアッシュ。ディスプレイとパッケージが見事>
僕の目には渋谷ヒカリエのターゲットは2つ。
1つは広告でもよく伝えられている20歳~40歳代の女性。
ファッションフロアやビューティーフロアしては地下の食事ゾーン(テイクアウトやギフト品が主)を見て、
ほぼ男性向けのリーシングはないのではないかと感じる位、女性に特化したテナント群でした。
(当然ですが凄い数の女性がいらっしゃいました)
もう一つは文化やカルチャーに敏感な顧客。
所謂昔の東急文化会館の名残りを元に、8階のアートスペースや最近はやりのコワーキング、
そしてまだ開いていませんでしたがシアターオ―ブという劇場に、
イベントスペースやカンファレンス(会議室)など。
六本木ヒルズのアカデミーヒルズや森美術館の、
もう少し渋谷的で若者向きなカルチャー発信基地という印象で、
ここはカップルや仕事や打ち合わせで使いそうな若い男性が数多くいらっしゃいました。
7階の飲食スペースも見てきましたが、それにしても最近の飲食はレベルが高いですね。。
渋谷という立地に合わせたのだと思いますがコース料理主体でトラッドな店はほぼなく、
新丸ビルの<丸の内ハウス>のようなカジュアルで個性的な店が多数でした。
今度またゆっくり行きたいと思います。
では皆さん素敵なゴールデンウィークをお過ごしください!!では!!

Archive

Recent article

Book

杉元 崇将(Sugimoto Takamasa)株式会社ポジティブドリームパーソンズ 代表取締役

1967年2月13日生まれ、福岡県北九州市出身。
福岡大学商学部卒業、グロービス経営大学院修了(MBA)。1997年、レストランウェディングのプロデュースを中心とした「有限会社ポジティブ」起業。4年後、「株式会社ポジティブドリームパーソンズ(PDP)」へ組織・商号変更し、現職に至る。"感動創出企業"としてホテル、レストラン、ウェディングなど、幅広い事業を展開。2013年第13回 EYアントレプレナー・オブ・ザ・イヤー セミファイナリスト選出。

Page Top