杉元崇将のポジティブスイッチブログ

どんな挑戦も、どんな奇跡も、スイッチをONにして立ち向かう
ポジティブドリームパーソンズ代表杉元のポジティブスイッチブログ

POSITIVE SWITCH BLOG X TAKAMASA SUGIMOTO

【3年手帳をお薦めします!!自分の中期計画を1,000日単位で考える】

おはようございます。今日も人生を楽しんでいる杉元です。
今朝も朝6時台に走り終わってフルーツとの朝食食べて、
メールチェックやfbチェックをしにスタバに寄って出社。
朝が効率的で能率的だと一日のパフォーマンス(生産性)は劇的に上昇しますね。
今週も一週間よろしくお願いします!!
安部さん.JPG
<約10年以上ぶり?ウエディングの仕事をされている方の中ではゴットマザーの存在。本当にお久しぶりに安部先生にお会いしました>
東京ステーションホテル.JPG
<昨日PDPの会場見学をしている時に見かけた新生東京ステーションホテルの全貌。楽しみですね!>
3年手帳.JPG
<数年来僕の使う3年手帳。年季がもそれなりに入っています。。>
さて今日は手帳について書きます。
もう7~8年前からですが僕は写真の高橋書店の3年手帳(英記名:Three Year Desk Diary)を愛用しています。
それまでは年次単位のスケジュール帳を利用しており、昨今のスマホやアプリでのスケジュール管理も考えたのですが、
※記録しておきたい(○年前の今頃はどういうことや打ち手を打ったのかを振り返りたい)
※自社の経営戦略と自分のスケジュールを同期させたい(3年単位で物事を捉えたい)
の2点の理由により、今だにアナログの手帳しかも3年手帳という長期スパンでの手帳を採用しています。
選択のポイントは
※「日々のスケジュール管理」を主としたいのか
⇒日々の積み重ねを年次単位で考える
※全体を俯瞰しながら自社の戦略や自分のライフミッション実現のために「今は何をすべきかを数年単位で考える」を主としたいのか
⇒中期計画や長い人生の中でこの一年や今日という日を考える
によって手帳の使い方はずいぶん変わると思いますが僕の場合は断然後者。
日々のスケジュールも重要ですが全体像で見えないととても視点が短期的になります。
スケジュール管理だけでなく
必要な気付きや逆算するといつまでにどこまで到達していなければならないかの目安表としての手帳の使い方を実践しています。
個人的にはその方が人生のパフォーマンスや自分の生産性は上がると見ています。
皆さんはいかがですか?
ではまだまだ残暑厳しい一週間になると思いますが今日も素晴らしい人生の一ページを創り上げましょう!!では!!

Archive

Recent article

Book

杉元 崇将(Sugimoto Takamasa)株式会社ポジティブドリームパーソンズ 代表取締役

1967年2月13日生まれ、福岡県北九州市出身。
福岡大学商学部卒業、グロービス経営大学院修了(MBA)。1997年、レストランウェディングのプロデュースを中心とした「有限会社ポジティブ」起業。4年後、「株式会社ポジティブドリームパーソンズ(PDP)」へ組織・商号変更し、現職に至る。"感動創出企業"としてホテル、レストラン、ウェディングなど、幅広い事業を展開。2013年第13回 EYアントレプレナー・オブ・ザ・イヤー セミファイナリスト選出。

Page Top