杉元崇将のポジティブスイッチブログ

どんな挑戦も、どんな奇跡も、スイッチをONにして立ち向かう
ポジティブドリームパーソンズ代表杉元のポジティブスイッチブログ

POSITIVE SWITCH BLOG X TAKAMASA SUGIMOTO

【2013年はどんな年だろう?~<コミットメント>と<前ノメル>一年へ~】

こんにちは!今日も人生を楽しんでいる杉元です。
恵比寿ガーデンプレイス.JPG
<恵比寿ガーデンプレイスのクリスマス>
バルコニ―.JPG
<クリスマスディナーの光景>
経営合宿.JPG
<経営合宿。経営チームと議事録者が参加。企業理念の唱和から毎回スタートします>
スーパー.JPG
<経営合宿先のホテルで見た光景。
スーパーも朝9時から開店。少しでもニーズを発掘しようとどの企業も必死の経営です>
それにしても今年は大変多くの年末会食が予定されました。
今年の春まで大学院に通学していた為ここ2~3年は随分その数を減らさせて頂いたのですが、
今年はその分も挽回させて頂きました。
おかげさまで唇が荒れまくっており(笑)年末年始でコンディションを取り戻したいと思います。
さて現在のPDPは「感動創出企業」として6つの事業つまり
<ホテル><レストラン><ウエディング><イベント><フラワー><コンサルティング>を手掛けており
年末年始という休暇体制は本社一部にあるものの、
特にホテルやレストランなどお客様サービスを提供する部門においては年末年始営業が当たり前の会社になってきました。
また今年からは年越しイベントも開催され来年からは更にそんなイベントも全社で増やしてゆく一年になります。
http://landmark-tokyo.com/restaurant/events/index.html#main
まずは本年弊社をご利用頂いたお客様には改めて御礼と感謝を申し上げます。
様々な叱咤激励を頂きながら少しずつ石を積み上げるように多くのお客様に感動を伝え
「なくてはならない会社」になっていけるようにメンバー一同で力を合わせていきたいと願っています。
また多くのパートナーや協力企業様にもご指導やご支援を賜った一年となりました。
改めて感謝申し上げます。
そしてPDPメンバーやメンバーをいつも支えて下さる家族や仲間の方にも御礼を申し上げます。
「感動で満ちあふれる日本を創ってゆく。」という壮大なビジョン実現に向け、
そしてさらには「200年継続する会社」つまり世紀を超えた凄い企業を目指してゆく為に、
PDPでは失敗を恐れず勇気を持って前に進む事を選択しており、
その実現にむけてメンバー一同で直近の中期3カ年計画の達成を目指しています。
是非引き続きご支援を頂けましたら幸いです。
2012年は様々な点で苦戦や苦痛を感じながらももがき苦しみながら何とか自分達らしい在り方や成果を目指した一年だったと思います。
2013年はより脇を締める一年にしながら、
同時に今年成功した部分はそれに甘えることなく変化と言うより進化をさらに目指していきます。
そして2013年はこの2つのキーワードでPDPを推進します。
1つは「コミットメント」の強化。
「やると決めた事はやる」というやりきる事の重要さとやる抜く事で得られる成長や嬉しさや自信という素晴らしさを社内に浸透させたい。
一方で「やると決めた事ができない」ことの恥ずかしさや惨めさもあえて2013年は社内に説いていきたい。
そう考えています。
そして2つ目は「前ノメル」。
常に「先行逃げ切り」。これ以外は認めない一年にしたい。
政治も変わり「本気で変わらなければ日本の未来は本当にまずい」と感じ始めた日本人の比率が徐々に増えてきた気がします。
企業で言えば今の日本は倒産寸前。もっと言えば債務超過状態。
「ゆでガエル」状態で「まさか日本に限って国家破綻なんてありえない」というのが今までの日本。
本気で自ら変わり進化する人こそ生き延びる。
今だけかもしれませんが自民党の一枚岩さを感じます。
是非マスコミも煽ることなくレベルの高い報道を期待したいと思います。
では皆さん良いお年を!2013年もよろしくお願いいたします!
杉元崇将

Archive

Recent article

Book

杉元 崇将(Sugimoto Takamasa)株式会社ポジティブドリームパーソンズ 代表取締役

1967年2月13日生まれ、福岡県北九州市出身。
福岡大学商学部卒業、グロービス経営大学院修了(MBA)。1997年、レストランウェディングのプロデュースを中心とした「有限会社ポジティブ」起業。4年後、「株式会社ポジティブドリームパーソンズ(PDP)」へ組織・商号変更し、現職に至る。"感動創出企業"としてホテル、レストラン、ウェディングなど、幅広い事業を展開。2013年第13回 EYアントレプレナー・オブ・ザ・イヤー セミファイナリスト選出。

Page Top