杉元崇将のポジティブスイッチブログ

どんな挑戦も、どんな奇跡も、スイッチをONにして立ち向かう
ポジティブドリームパーソンズ代表杉元のポジティブスイッチブログ

POSITIVE SWITCH BLOG X TAKAMASA SUGIMOTO

【年末年始のビジネスチャンス~<顧客はお正月に飽きている?>~】

新年明けましておめでとうございます。杉元です。

現在15年を迎えたポジティブドリームパーソンズですが、
5年前にSCAPESを開業しホテルビジネスへの参画に始まり、
4年前よりおせちを販売させて頂き、
2年前の品川THE LANDMARK SQUARE TOKYOを開業で約930室の朝食含むホテルダイニングを担当させて頂き、
昨年より神戸のTHE MARCUS SQUARE KOBEの開業で同じく約230室の朝食含むホテルダイニングを担当させて頂く事で、
会社全体が年末年始として休みになると言う意識が全くなくなってきました。

本社のみ年末年始は区切りとして休みにしていますが、
昨日の年始の朝礼でも「とにかく現場感を早急に取り戻すよう」に指示し、
今年のテーマでもある「コミットメント(やると決めた事はやる)」と「前ノメル(とにかく先手)」を今月は強烈に自社に刷り込む一カ月になりそうです。

改めまして本年もよろしくお願いいたします。

さて僕は2012年12月30日の夕方~2013年1月3日までオフとしており
一部会社に立ち寄ったり、運営している施設に顔を出したりしましたが、
ひたすらレストランのマーケティングに時間をかけた4日間のオフでした。
その中で特に都市に該当する年末年始において1つのビジネスチャンスが明確に見えてきました。

キーワードは「集客力」「正月に飽きた?」「個性(特徴)」です。

20130105d
<12月30日。今年のオフィシャルな出社が終了した夜ディナーへ。表参道CICADAはテラス以外の店内は満席でした。最近は満席の店が更に客を呼ぶ傾向が高いですね。。>

20130105b
<12月31日の大晦日。築地市場で改めて集客力の高さと他にはない鮮魚の魅力を堪能。すしざんまいは長蛇の列でした>

20130105a
<その後日頃遊べない娘を連れてお台場の大江戸温泉物語へ。若者や外国人含めて30分の行列。都心に一番近い温泉としてのわかりやすさ・個性がこの集客力に>

20130105c
<新年1月1日の14時過ぎ。代官山蔦屋書店へ。アイビープレイスのダイニングはさすがに空いていたがテラスは寒い中ド満席。目の前のスタバもド満席。
入ってる店や評判の良い店は倍々ゲームで客足が伸びる時代になりましたね>

20130105g
<2階のアンジン。ここは空いてました。しかしT-SITEの集客力は素晴らしい。僕はここで本をゆっくり。。>

20130105e
<1月2日の夕食。セルリアンタワー東急ホテルのチャイニーズレストラン陳へ。17時と19時半の2回転とのこと。僕は17時で予約しましたが予約で満席。19時半は80%程予約で若干の空きありとの事>

20130105f
<「今年もよろしくお願いします」との寿万重。こういうのが手を抜いていない証拠>

そもそも日頃から集客力が強い店や商業施設は年末年始でも変わらず強い。
そして築地市場や大江戸温泉含め特徴が明確な施設は、平日と週末の差はあっても年末年始は関係ない。

そして意外な再発見を1つ。答えは「年末年始料理への飽き」。

ここでは年末年始に帰省する方を除き、特に首都圏などに残る人の特性という意味での再発見を記述しますが、
年末の年越し蕎麦や年始のおせち料理には大きな興味はある。しかしそれは31日と元旦までで「2日位から飽きる」。
とは言えコンビニで買うのも嫌だしと言ってもいつも通りにレストランが空いているわけでもない。
となればホテルダイニングや商業施設は行きやすい。
加えて休みを合わせやすいこの時期にお友達などとゆっくり食事をしたいという需要も、
家族で個室で食事したいと言う重要と同じく相当数存在する。

また忘れてはいけないのが結婚している家庭における「奥さんの見解」。

奥さんからしてみれば子供もいて旦那もいて食事も手間かけて作らないといけなくて、
且つ食器も数多く洗わないといけないから正月の方が逆に大変でストレス。
但し年末最終日と元旦位はきちんとしたいし仕方ない。
但し2日の夕ご飯位から料理するのも大変だし家族もみんな正月料理に飽きてる。

年末年始に海外旅行に行く家族の大半はこの時期しか休みが取れないとの理由が大半ですが、
家事をこの時期するのも大変という理由もこの時期の海外旅行の理由の上位と言われます。

この辺の需要にきっちり応えるレストランは年末年始も大きなチャンスが眠っているのかもしれません。

では皆さん今年も精一杯頑張る一年とします。改めてよろしくお願いいたします!。
2013年を人生の素晴らしい一年にしましょう!!では!!

Archive

Recent article

Book

杉元 崇将(Sugimoto Takamasa)株式会社ポジティブドリームパーソンズ 代表取締役

1967年2月13日生まれ、福岡県北九州市出身。
福岡大学商学部卒業、グロービス経営大学院修了(MBA)。1997年、レストランウェディングのプロデュースを中心とした「有限会社ポジティブ」起業。4年後、「株式会社ポジティブドリームパーソンズ(PDP)」へ組織・商号変更し、現職に至る。"感動創出企業"としてホテル、レストラン、ウェディングなど、幅広い事業を展開。2013年第13回 EYアントレプレナー・オブ・ザ・イヤー セミファイナリスト選出。

Page Top