杉元崇将のポジティブスイッチブログ

どんな挑戦も、どんな奇跡も、スイッチをONにして立ち向かう
ポジティブドリームパーソンズ代表杉元のポジティブスイッチブログ

POSITIVE SWITCH BLOG X TAKAMASA SUGIMOTO

【喝を入れる~<正しい組織である為に>~】

こんにちは!今日も人生を楽しんでいる杉元です。

20130413a
<長崎へ。実体経済が良くなってきた気がします>

20130413c
<長崎メンバーとの「吞む会」。最高な店のチョイスでした!!>

20130413b
<翌日は「朝礼」と「掃除の日」。全社でスタンダード化を図っています>

さて先々週は長崎そして韓国への出張、そして先週は新卒採用選考活動を週の半分を投じた週でした。

特に長崎においてはPDP恒例の「吞む会」という社内イベントに参加のため
ベストウエスタンプレミアホテル長崎のメンバーとサンジョルディフラワーズザデコレ―ター長崎の合同チーム約20名との親睦会に参加してきました。

このブログではよくお話しするネタですが、このPDPにおける「吞む会」の目的は2つ定めており、
◆経営チームとメンバーの「コミュニケーション密度を高める場」
◆PDP WAYという「企業理念の浸透をお互いに図る場」
と定義しています。

その上で参加してくれたメンバーへの期待として、
◆朝礼や夕礼で感じた事や明確となった事を自分の「言葉で発表する」
⇒「吞んで食べて楽しかった!」としない。参加できなかった人もいる。
必ず参加者の責任として感じた事をシェアする
◆お客様から頂いたおカネの一部で食事しているという自覚で「感謝する」
⇒この会は会社経費と定めています。
だから「吞んで食べて楽しかった」ではダメ。「お客様から頂いた売上の一部で楽しめている」との感謝の念を忘れない
という2つの期待も言語化し定めています。

そんな中で今回参加した20名のメンバーには、
いつものコミュニケーションや理念浸透という2つの主目的に加えに加え、
今年は少しだけ「喝を入れる」という要素を自分の中で準備して臨みました。

部門や施設として業績やメンバーの成長が硬直化している点が定性的にも定量的にも少しずつ顕在化し、
更なる業績向上や更なる組織力の向上を自発的に目指すチーム力を期待してゆく上で今回は少し強めのメッセージを僕自身が発する事で、
「達成できなくて悔しい」と言葉で言うもののここ数年同じ結果が繰り返されている事への悔しさや恥ずかしさを強く実感してもらいながら
腹の底から「本気で悔しい」&「なにくそ!!」と自発的にスピードアップしたり進化する組織を目指してもらいたいと考え今回は少し強めの喝を入れました。

未達成が当たり前となってしまった組織や企業は、
今まで以上にスピードや変化を自ら生み出す自発的組織である事が何よりも重要だと考えており、
徐々に氷河期が近付いているのに気付かなかった恐竜群が自らの責任で滅びてしまったように
組織自らが自発的にポジティブに変化する事に時には深く覚悟を決め、
表層的でテクニック的でない腹の底から自らの組織を本気で改革するチームを本気で目指してほいいと考えその事を伝えました。

ギリギリにならないと「変われない自分達」から「自ら進化し続ける自分達」である為に先行して仕掛ける組織へ。
是非僕自身も主体的に応援していきたいと思います。

2013年のPDPは【コミットメント~やると決めた事はやる】と【前ノメル】の2つを推進しています。
是非今年はこんなしつこいコミュニケーションをメンバーと重ねていきたいと思います。

以下は自身への徹底を兼ね年始のメンバ向けコメントの一部。自戒を込めて再掲します。
では皆さん素晴らしい人生の1ページをお過ごしください!!では!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆【コミットメント】の強化
⇒「立てた目標は成し遂げる」「やると言った事はやる」。これが当たり前のPDPへ進化したい。
PDP最大のアキレス腱だと見ています。「良い会社」なだけでなく「信賞必罰含めた凄い会社」になる為に、
我々は自らで変えていかねばならない企業文化。

◆【前ノメル】の強化
⇒2010年に社内で推奨していたメッセージです。2013年も改めてこの言葉を使います。
PDPは後手。いつも遅い。これじゃダメ。
念には念を押し、そして準備に準備を重ね、前ノメる。
後ろの車が近付いてきたからアクセルを踏むのではなく、
後ろの車が近付いてきそうだから先にアクセルを踏む。

こんな企業文化にならなきゃダメ。いつも遅れるのが当たり前なのはダメだ。
これも我々自らが自発的に変わらねばならぬ企業文化だ。

Archive

Recent article

Book

杉元 崇将(Sugimoto Takamasa)株式会社ポジティブドリームパーソンズ 代表取締役

1967年2月13日生まれ、福岡県北九州市出身。
福岡大学商学部卒業、グロービス経営大学院修了(MBA)。1997年、レストランウェディングのプロデュースを中心とした「有限会社ポジティブ」起業。4年後、「株式会社ポジティブドリームパーソンズ(PDP)」へ組織・商号変更し、現職に至る。"感動創出企業"としてホテル、レストラン、ウェディングなど、幅広い事業を展開。2013年第13回 EYアントレプレナー・オブ・ザ・イヤー セミファイナリスト選出。

Page Top