杉元崇将のポジティブスイッチブログ

どんな挑戦も、どんな奇跡も、スイッチをONにして立ち向かう
ポジティブドリームパーソンズ代表杉元のポジティブスイッチブログ

POSITIVE SWITCH BLOG X TAKAMASA SUGIMOTO

【テラスと朝食の勉強~<上海2泊3日の旅>~】

こんにちは!今日も人生を楽しんでいる杉元です^^

さて水曜から金曜まで上海に行ってきました。
鳥メニューはさすがにどのレストランでも控え目。日中の気温が既に28℃と真夏到来を思わせる天気でした。

主目的は別にあったのですが、
その中でも最近自らに課して真剣に勉強すると誓っている
※レストランのテラス部分の売上増大のためのヒントと
※9月に開業するホテル内ダイニングの朝食の勉強とヒント
を兼ねて時間がある限りその情報収集に勤しみました。

まずテラスです。

20130525f
<ここは人気の川沿いのスカイバー。食事というよりバー。ディナーのみの店です>

20130525g
<ここは商業施設の中。バーというよりテラスレストラン。この後ランチとディナーもウエいティングの行列となりました>

20130525h
<ここも同じ商業施設内のテラス。テーブルの高さが食事向けですね>

20130525i
<ここは上海の方はほぼ知っているワイタンのスカイバー。夕方からは毎夜パーティです^^>

20130525e
<観光客の多い新天地。ディナーのテラスはド満席!!>

当然ですがテラスは2点が重要で、1点目は食事を食べて頂く場所なのかそれともBARなのかですが、
特に重要だと見ているのが2点目のターゲットです。

上のワイタンの様な上海在住の欧米人の方々にワイワイガヤガヤとスカイバー的に使って頂くのか?
それともしゅっぽりカップルの方に静かに使って頂きたいバーなのか?
また食事においてもワイワイと団体の方を対象にしたいのか、それともマダムランチ的にコース的に提供したいのか?
これによって提供時間が多いに変わるしウエイティングの掛け方も大いに変わります。

次は特に僕にとってメインの朝食です。
特に欧米人の方の朝食の取り方を1時間ほどかけてじ~~と再確認しながら凝視していましたのでかなり怪しい目で見られていました(笑)。

ポイントは「パン」「チーズ」「シリアル」「フルーツ」の4つでした。
20130525k
<今回廻ったどの外国人中心のホテルでも最低4種類のパンが選べます。多いところでは6種類用意していました>

20130525j
<その横にこういったジャムやバターが設置されています。チ―ズと共に召し上がる方も多い>

20130525a
<シリアルの全体像。シリアルとオートミールがあって、特に外国人の方はミールにはアーモンドや干しブドウを入れて食べます>

20130525c
<シリアルは6種類、オートミールは2種類>

20130525b
<シリアル横のアーモンド>

20130525d
<チーズです。横には生ハムとクラッカー>

まずは目で見て勉強しなければならないのですが、
自分の今までの経験上ほぼこの内容は知っていたのですが、
どんなレイアウトで何が何種類あって何と何を置いてあってなど「可視化」出来ていませんでした。

また紙になっていなかったりデータ化していないと確実にその組織の知識力や経験ノウハウは属人化し且つ陳腐化します。

ここ半年の出張でこの事を写真とノートにかなり書き込み自分なりに勉強して見てかなりの範囲で理解できるようになりました。

また朝食の人の配置においてもキッチン含めてどこに何人人が配置されていて、
席数のどのくらいの割合でエッグ料理をオーダーで頼んでいるかなどを比率で定量化する事も出来ています。

感覚的な部分も重要ですのでその部分も目からインプットしながら、
運営や経営に持ちこむと何がどうなってなぜそうなっているのかなどをロジックで理解出来たり定量化して暗黙知から形式知に広げてノウハウにする。

そんな視点で今回も大変良い勉強が出来ました。

5月も早いものでもうあと一週間。TIME IS MONEY。
今週も皆さん素晴らしい人生の一ページをお創り下さい!!では!!

Archive

Recent article

Book

杉元 崇将(Sugimoto Takamasa)株式会社ポジティブドリームパーソンズ 代表取締役

1967年2月13日生まれ、福岡県北九州市出身。
福岡大学商学部卒業、グロービス経営大学院修了(MBA)。1997年、レストランウェディングのプロデュースを中心とした「有限会社ポジティブ」起業。4年後、「株式会社ポジティブドリームパーソンズ(PDP)」へ組織・商号変更し、現職に至る。"感動創出企業"としてホテル、レストラン、ウェディングなど、幅広い事業を展開。2013年第13回 EYアントレプレナー・オブ・ザ・イヤー セミファイナリスト選出。

Page Top