杉元崇将のポジティブスイッチブログ

どんな挑戦も、どんな奇跡も、スイッチをONにして立ち向かう
ポジティブドリームパーソンズ代表杉元のポジティブスイッチブログ

POSITIVE SWITCH BLOG X TAKAMASA SUGIMOTO

【消費者の「心理的ニーズ」が見えている~<消費増税と法人減税のセット導入>~】

こんにちは!今日も人生を楽しんでいる杉元です!!

9月も今日で20日。既に2/3が終了。
暑かった夏もこうも日本は季節が移り変わるかという位一気に秋に突入してきました。

あと10日もすると9月終了。2013年も早いもので3/4が終了したことになります。

TIME IS MONEY。
有効で濃密な時間を過ごしたいと思います。

20130920b
<福岡出張時の鉄板焼。素晴らしいコストパフォーマンスで大満足でした>

20130920a
<2014年新卒内定者メンバーとの懇親会。高い成長意欲を持ち続けてほしい>

さて東京五輪決定から約2週間。
日本の中長期の財政事情を左右する重要な意思決定に目処が立ってきた新聞報道が増えてきています。
消費増税と法人減税のセット導入です。http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS19034_Z10C13A9EA2000/?nbm=DGXNASFS19041_Z10C13A9MM8000

簡単にサマリーすれば、
◆消費税8%化は計画通り実施する(個人負担増)
◆法人税は時限的ではなく恒常的に他国並みに引き下げる(企業負担減)
のセット導入で、
デフレ改善ムードを心理的に引き下げることなくスムーズな移行を目指すという安倍首相の方針が明確だと感じます。

言ってしまえば、
◆アベノミクスによる3本の矢に加え2020年東京五輪決定という日本国民一人一人が現在未来に対して良い印象を感じており、まだ不確実ながらも成長しそうなポジティブムード(心理面)は担保できている。

◆一方で現実的には3%値上げとなる各個人負担増加という経済的負担は現実的に負ってもらわなければいけない(個人の財務面)。

◆そして企業にも「せっかく景気良くなってきたのに3%上がったから売上落ちたじゃないか!」じゃなく(笑)、
国も応援するからその3%増分に見合うような企業努力や投資を減税原資でしっかりやってほしい(企業の財務面)。
という意思が非常に国民的視点や企業経営者の視点を捉えていると感じており、且つ非常にわかりやすい施策だと感じました。

もちろん専門でないので麻生財務相が仰るような
日本の根本的な財務課題を解決するならば得策ではないのだと思いますが、
日本国民が今現在心理的にどんなことをやってほしいというニーズなのか?
つまり日本国民や企業側の心理的ニーズを踏まえて成長基調の心理的ムードだけを弱めなければ維持できる確率が高いと踏んだならば、
非常に共感や同調を得やすい施策だと皆さんも感じておられると思います。

第一次安倍政権後や民主党政権で自民党が下野した時に、
安倍首相は多くの国民や企業側の方との対話やコミュニケーションの時間をほかの政治家の方々より取られていたのかもしれません。

いわゆる政治判断が国民期待とズレがちだったこれまでの政治において、
今回の安倍政権の打ち手打ち手が現時点では当たっているのは偶然でもなく、
今の国の財政やステージをよく把握された上で且つ国民の本音やインサイトをしっかり掴む為の声を拾ったり人脈を作ってこられた成果ではないかと感じます。

企業経営でも同じで、
経営ステージや財政面を見ながら且つ社員や顧客のニーズをきちんと読み取り、共感や賛同に繋がる打ち手や決め手を打つという
いわゆる「見極める胆力」のようなものが現在の経営者には必要だと感じています。

そういった上でも大変参考になる判断の仕方であり打ち手の投じ方だと僕は感じています。
皆さんはいかがですか?

では皆さん明日から3連休。
僕たちは仕事で頑張ります。素晴らしい人生の一ページをお創りください!!では!!

Archive

Recent article

Book

杉元 崇将(Sugimoto Takamasa)株式会社ポジティブドリームパーソンズ 代表取締役

1967年2月13日生まれ、福岡県北九州市出身。
福岡大学商学部卒業、グロービス経営大学院修了(MBA)。1997年、レストランウェディングのプロデュースを中心とした「有限会社ポジティブ」起業。4年後、「株式会社ポジティブドリームパーソンズ(PDP)」へ組織・商号変更し、現職に至る。"感動創出企業"としてホテル、レストラン、ウェディングなど、幅広い事業を展開。2013年第13回 EYアントレプレナー・オブ・ザ・イヤー セミファイナリスト選出。

Page Top