杉元崇将のポジティブスイッチブログ

どんな挑戦も、どんな奇跡も、スイッチをONにして立ち向かう
ポジティブドリームパーソンズ代表杉元のポジティブスイッチブログ

POSITIVE SWITCH BLOG X TAKAMASA SUGIMOTO

【起きた事は全て正しい~<他責× 自責○>】

こんにちは!!。今日も人生を楽しんでいる杉元です!!。

20150202
<「人に感動して頂ける会社であること」。素敵なプレゼントありがとう!!>

先日僕も入っているEOという集まりの中のカンファレンスで、
http://www.eojapan.org/index.html
「スマートゴール」という目標設定と立てる機会があり、
その中で僕は2015年12月までのゴールを4つ定めました。

その中の2つは会社の事とプライベートな事なのですが残りの2つは以下の2つとしました。

◆毎月20kmを走る
⇒これは普通にいけば毎月到達するゴールなのですが、「今月は雨が多かった」「今月は出張が多かった」などと、自分を正当化する理由を立てて言い訳しながら途切れる月がありました。
ここでは「12月まで毎月継続して20kmを走る」という継続性をゴールにしました。

◆体重を69.9kgまで落とす
⇒ベストは72kgなのですが、年末から会食などが立て続き若干太りました(笑)。
40歳強で一度体重を落としたのですが、12月までに再び60kg台に戻す事をゴールにしました。

要は体調管理ですね^^。
新たな目標が出来ました。益々張り切っていきたいと思います!!。

さてこれもその際のカンファレンスでの言葉なのですが、ある経営者が言っていた言葉が今日のタイトルの「起きた事は全て正しい」です。

僕の理解で言うと、
「目の前に起こった事や発生した事実は、全て自分が導いた事実であり且つ自分の運命である」という捉え方です。

往々にして我々は、
◆上手くいかないのはあいつのせいだ!!
◆廻りは幸せなのに俺だけ不幸だ!!
◆あいつがもっとしっかりしていれば、私がこんな目に合う事はなかったのに!!
と、知らず知らずのうちに、自分を正当化したり、依存したり、相手を否定したり、自分の運命を悲劇的に捉えたりもします。

そうではなく、
◆上手くいかないのは自分の指導や歩み寄りが足りないのだ
◆自分だけ不幸なのは自分の努力や鍛練が足りていない
◆あいつがもっとしっかりするように、私ももっと前に支援しておくべきだったかもしれない
と捉えるセンスです。

相手が存在しての事なので全てがその限りではないと思いますが、
まずは自分においては他責でなく目の前に起こったことを自責で捉え、自分を高める。

起こったことは全て正しい。

◆「自分を中心に地球は回っている」と捉えるセンスか、
◆「地球が回っている中に自分は生かされている」と捉えるセンス。
この違いは、多くの僕の読者の皆さんは良く理解できるセンスだと思います!!。

僕にとって改めて再確認出来る素敵な言葉でした。

では今日も皆さん、人生の一ページを楽しんでい下さい!!。では!!。

Archive

Recent article

Book

杉元 崇将(Sugimoto Takamasa)株式会社ポジティブドリームパーソンズ 代表取締役

1967年2月13日生まれ、福岡県北九州市出身。
福岡大学商学部卒業、グロービス経営大学院修了(MBA)。1997年、レストランウェディングのプロデュースを中心とした「有限会社ポジティブ」起業。4年後、「株式会社ポジティブドリームパーソンズ(PDP)」へ組織・商号変更し、現職に至る。"感動創出企業"としてホテル、レストラン、ウェディングなど、幅広い事業を展開。2013年第13回 EYアントレプレナー・オブ・ザ・イヤー セミファイナリスト選出。

Page Top