杉元崇将のポジティブスイッチブログ

どんな挑戦も、どんな奇跡も、スイッチをONにして立ち向かう
ポジティブドリームパーソンズ代表杉元のポジティブスイッチブログ

POSITIVE SWITCH BLOG X TAKAMASA SUGIMOTO

【お客様が我々のビジネスを選んでくれる「理由」を創るという事~<選ばれる動機創り>~】

こんにちは!。今日も人生を楽しんでいる杉元です。

20150307a
<先週は関西へ。あるイベントで利用させて頂く寺の壮大なテラス>

20150307b
<その寺の本楼>

20150307c
<初めて湘南T-SITEへ。女性同士とママの数が凄かった!!>

20150307d
<スカイラークさんの新業態のTHANKS ON THE TABLE.前菜ブッフェですがコールドとホットの状態もGOOD.最近は国産野菜は基本中の基本になってきたと感じます>

20150307e
<昨年11月に東証マザーズに上場したSHIFT丹下社長。彼の人懐っこさは多くの起業家からも愛されています>

いよいよ待ちに待った2016年新卒採用もやっとオープンになりましたね~~。今年は長かった(笑)。

ポジティブドリームパーソンズは「感動で満ちあふれる日本を創っていく。」というビジョンで、
日本のホスピタリティビジネスに変革をもたらす企業です。

是非多くの学生の皆さんとの出会いを楽しみにしています。
http://www.positive.co.jp/recruit/
http://job.rikunabi.com/2016/company/top/r143010016/

さて僕は「コンセプト」というのを大変重視します。

「コンセプト」とは、その商品やブランドが持つ様々な特徴や差別化された要因などを包括的に伝えるワンワードというのが僕の理解です。
一方このコンセプトは往々にして発信側つまり商品やブランドを供給する側の我々の理論やワードになりがちな為、
僕は社内のPDPメンバーとこのコンセプトを考えたり議論する時に、
「逆にこのコンセプトはこの商品やブランドを需要する側の受け手から見てそのロジックが成立するのかどうか?」を常に頭の中で行ったり来たりしながら議論を繰り返し肉付けしていきます。

言い換えるならばコンセプトとは、
■自社から見たその商品やブランドが、「特徴・優位性・差別化ポイント・ユニークさ」になり得ているか?という視点と同時に、
■お客様から見てその商品やブランドが、「我々を選んで頂ける理由」になり得ているか?
をグルグル頭の中で行ったり来たりさせながらその論理やロジックが成立しているかを繰り返して生み出された言葉でありワンワードでもあるというのが僕の考え方です。

これは会社でも同じ。これは理念やビジョンに該当すると思いますが、
常に自分達が実現したい世界や価値観を自分たちなりに定めながら、
一方聞き手から見ると「なるほど。。確かにそうだ」とか「そんな世界になれば最高だ。。」という共感を双方向で得られるかが大変重要であると考えています。

偏りがちになる視点を、
■これはお客様が我々のビジネスを選んで頂ける「理由」になり得るか?
と振り切って逆から見る視点を社内に構築する。
我々もまだまだ足りていないのですが、この視点はいつも忘れず挑みたいと思います。

Archive

Recent article

Book

杉元 崇将(Sugimoto Takamasa)株式会社ポジティブドリームパーソンズ 代表取締役

1967年2月13日生まれ、福岡県北九州市出身。
福岡大学商学部卒業、グロービス経営大学院修了(MBA)。1997年、レストランウェディングのプロデュースを中心とした「有限会社ポジティブ」起業。4年後、「株式会社ポジティブドリームパーソンズ(PDP)」へ組織・商号変更し、現職に至る。"感動創出企業"としてホテル、レストラン、ウェディングなど、幅広い事業を展開。2013年第13回 EYアントレプレナー・オブ・ザ・イヤー セミファイナリスト選出。

Page Top