杉元崇将のポジティブスイッチブログ

どんな挑戦も、どんな奇跡も、スイッチをONにして立ち向かう
ポジティブドリームパーソンズ代表杉元のポジティブスイッチブログ

POSITIVE SWITCH BLOG X TAKAMASA SUGIMOTO

【成長しながらメンバーを巻き込む~<質と格を高めながら「楽しさ」や「ワクワク」を取りこむ>

こんにちは!!。今日も人生を楽しんでいる杉元です。

 

20150426_1
<新卒会社説明会や選考活動で頑張っています!!>

 

20150426_2
<自社やコンサルティングのお客様以外では、何と7年ぶりに他のゲストハウス様を見学させて頂く!!。大感謝!!>

 

20150426_3
<驚いたのは「掃除」と「営繕」の力。開業後もこれだけ綺麗にされている事に驚くと同時に「浸透力の強さ」だと感心!!>

 

20150426_4
<こちらはコンサルティング先へ。こちらも10年以上経過しているのにこの綺麗さにいつも驚く。
聞けば「毎朝の掃除」と「汚れた時の即対応力」の2つがこれだけの綺麗さを維持出来ているとの事。もはや実力!!>

 

20150426_5
<サンジョルディフラワーズザデコレーター広島へ>

 

20150426_6
<日々頑張ってくれているメンバーと「呑む会」で盛り上がる!!>

 

20150426_7
<4月に入って大型オフィスビルのランチとディナーの風景を意図的に見に行ったり会食場所に選んで勉強してます!!>

 

20150426_8
<これはある企業の社食。
社員向けなのにかなりハイレベルな事にも驚きましたが、これだけ社員が使っている事にかなり驚く!!>

さて僕はPDPの外部の方に「PDPのメンバーのイメージってどんな感じですか??」的な質問をよくするのですが(笑)、踏襲すると以下の2つが多い事に気付きます。

 

■ポジティブで前向きな人が多い
⇒これは社名からも来ていると思われますが僕も同感です。

 

仕事や顧客や仲間に対し、ポジティブで前向きな捉え方をしてくれるメンバーが多く、非常に主体的なメンバーが主体的に活動する事でPDPのカルチャーや企業文化を創ってくれていると感じます。
僕の誇りだし、PDPの強みの源泉だと感じます。

 

■ストイックな人が多い
⇒これは僕が「ドM IS BEST」的な発言が多いからだと思います(笑)。

 

物事の取り組み方において、「なぜ?」という問いを繰り返すスタンスを期待し、
良い事にも悪い事にも全て原因や理由があると捉える癖を期待し、
曖昧にせずに未来の為に原因や理由を出来るだけ可視化しながらナレッジする事までも期待する。
そして上手くいく時も逆に上手くいかない時も、その原因は自分や自社に原因があると捉える「原因自分論」としてのスタンスを重視する。

 

こんなスタンスで挑戦やチャレンジングスピリッツを啓蒙し、「チャレンジする事は良い事」という文化を形成してきました。

 

こんな事から、PDPメンバーのイメージはこんな、「ポジティブで前向きな人財」と「自分に対しストイックな人財」という2つのイメージに踏襲されているのだと考えています。

 

僕はこのイメージは良い事だと個人的に捉えており、今後も推進させていきたいと考えるカルチャーであり企業文化だと考えています。

 

一方で、今まで戦略的に入れていなかったカルチャーや企業文化に「ワクワク感」があります。

 

実はこの要素の重要性は僕自身認識しているものの、意図的に除外してきました。
理由は簡単で、「目標を達成する力」や「目標をストイックに追う力」や「何があっても目の前にある課題や提案に手を抜かない力」や「やりきる力」みたいなものが、PDPには決定的に欠けていると僕は捉えており、
この辺の「緩さ」や「甘さ」は間違ったメッセージになると考え、「楽しさ」や「ワクワク感」みたいな要素は意図的に外してきました。

 

その上で今後は、今までの
■物事をポジティブで前向きに捉える主体性と
■仕事や物事に対し他責でなく自責で捉えるストイックさ
という2つを軸は今までと変えずに柱としていきながら、
この2つから、「PDPになぜ入社するのか(入社理由)」や「なぜPDPで働き続けるのか(とどまる理由)」で圧倒的に多い理由である、
■「成長できるから」「成長に期待が出来るから」という【成長軸】と、
■「理念に共感出来るから」「会社や仲間が好きだから」という【好き軸】
の2つはこのまま維持させながら進化を図る。

その上で少しずつ「楽しさ」や「ワクワク」のような要素を、
具体的な制度や具体的なイベントで入れていきながら、
「楽しみながら成長する」という要素を少しずつ加味していきながら、メンバーのやる気の醸成やや成長を後方支援していきたいと考えています。

 

ここは一度にはできないので2~3年かけて進化させていく企業文化への仕掛けだと考えており、PDPのマネジメントメンバーなどからアイデアを提案してもらい始めたところです。

 

では今日も素晴らしい人生の一ページをお創り下さい!!では!!。

Archive

Recent article

Book

杉元 崇将(Sugimoto Takamasa)株式会社ポジティブドリームパーソンズ 代表取締役

1967年2月13日生まれ、福岡県北九州市出身。
福岡大学商学部卒業、グロービス経営大学院修了(MBA)。1997年、レストランウェディングのプロデュースを中心とした「有限会社ポジティブ」起業。4年後、「株式会社ポジティブドリームパーソンズ(PDP)」へ組織・商号変更し、現職に至る。"感動創出企業"としてホテル、レストラン、ウェディングなど、幅広い事業を展開。2013年第13回 EYアントレプレナー・オブ・ザ・イヤー セミファイナリスト選出。

Page Top