杉元崇将のポジティブスイッチブログ

どんな挑戦も、どんな奇跡も、スイッチをONにして立ち向かう
ポジティブドリームパーソンズ代表杉元のポジティブスイッチブログ

POSITIVE SWITCH BLOG X TAKAMASA SUGIMOTO

【「お疲れ様です!!」から「ワクワク様です!!」へ~<言語でムードと文化を高める!!>】

こんにちは!!。今日も人生を楽しんでいる杉元です!!。

 

 

チロルチョコ

<社内に配ったチロルチョコ!!。暑い夏をメンバーと頑張ります!!>

 

 

 

グローバル実践塾

<昨日はジェトロ主催のサービスグローバル実践塾で講演させて頂きました>

 

さてPDPでは、

■社員利益⇒メンバーにとって働きがいややりがいがあり、

■顧客利益⇒お客様にとっても生涯の顧客であるメリットやベネフィットを享受でき、

■社会利益⇒社会的にもなくてはならない存在となり

■企業利益⇒会社も競争優位性を常に強化出来る高い収益力の維持

をバランスよく経営していく「4つの利益」という考え方を昨期から導入しています。

 

バランススコアカードの考え方に若干近いかもしれません。

 

その中で昨期にあるプロジェクトを投入したのですが、

■楽しみながらそのチャレンジに立ち向かう雰囲気を全社で醸成しきれなかった

■本気で臨み、本気で挑む挑戦的なチャレンジを、メンバーがポジティブな雰囲気で楽しめる動機づけが会社として弱かった

 

と僕自身の昨期の反省点として感じており、今期新たに投じたプロジェクトでのミッションでは、

 

■このプロジェクトで実現するミッションやゴールをミドルマネジメントも入れて一緒に決定するプロセスを形成。「ミッションやゴールに保有感を持ってもらう」仕掛けを投じたり

■通常コーポレートカラーの青を使う事が多いPDPにおいて、燃えるような赤をそのプロジェクトでは多用。「熱い挑戦ムード」を高めたり

■そのミッションの携帯用カードも作成。「保有感を全社レベルで高める」仕掛けを投じたり

■朝礼での唱和を復活。「浸透と理解」を高めたり

■そのミッションの進捗ををニュース形式で共有し、「読みやすさを工夫」したり

 

と、ビックチャレンジを楽しみながらみんなで未来のPDPを創っていくんだ!!といったムード形成を高めながら頑張っています。

 

またそんな取り組みを繰り返している中で、そもそも「感動で満ちあふれる日本を創ってゆく」PDPにおいて、

「お疲れ様です!!」と、お互いの挨拶でお互いの慰労をなぐさめ合うのもパワフルじゃないな、、と考えるようになり、

このタイミングで思い切って社内言語を永続的に「ワクワク様です!!」と変更する事にしました。

 

こういう判断は正解がない為やはり難しいのですが(笑)、最終的には、

■自分達が実現したい未来との整合性⇒ビジョンとの整合性

■そもそも大切にしたい価値観との整合性⇒企業理念や企業文化との整合性

を踏まえてトップが意思を持って決めるべき事だと思います。

 

PDPではそんな理念やビジョンや企業文化から勘案し、

「お疲れ様です!!」とお互いで声を掛け合うよりも、「ワクワク様です!!」とお互いを動機づけお互いを高め合いながら、ビックチャレンジを楽しむセンスを、

今後も他の判断においても組み込んでいきたいと考えています。

 

では皆さん今日も素晴らしい人生の一ページをお創り下さい!!。では!!。

Archive

Recent article

Book

杉元 崇将(Sugimoto Takamasa)株式会社ポジティブドリームパーソンズ 代表取締役

1967年2月13日生まれ、福岡県北九州市出身。
福岡大学商学部卒業、グロービス経営大学院修了(MBA)。1997年、レストランウェディングのプロデュースを中心とした「有限会社ポジティブ」起業。4年後、「株式会社ポジティブドリームパーソンズ(PDP)」へ組織・商号変更し、現職に至る。"感動創出企業"としてホテル、レストラン、ウェディングなど、幅広い事業を展開。2013年第13回 EYアントレプレナー・オブ・ザ・イヤー セミファイナリスト選出。

Page Top