杉元崇将のポジティブスイッチブログ

どんな挑戦も、どんな奇跡も、スイッチをONにして立ち向かう
ポジティブドリームパーソンズ代表杉元のポジティブスイッチブログ

POSITIVE SWITCH BLOG X TAKAMASA SUGIMOTO

【なぜPDPは、新卒なのか??】

今日は、PDPにとって、【なぜ今新卒なのか?】を、
包み隠さず語ってみたい。
大きく2つに分けて話します。

一つは【ビジョン】。もう一つは【新卒】についてです。

①PDPのこれからのビジョン=【感動をプロデュースする】
  この【感動をプロデュースする】というコンセプトの元、
  PDPは、場所と事業をさらに多角的に展開します。
  その感動プロデュースの担い手は【人】であり、
  【PDPの最大の財産は人】である。
  前向きに夢を持った人たちが創りだしてゆく
  ノウハウとサービスによって、
  僕たちは、これから、
  レストラン・ウエディング・フラワー・ホテル・コンサルティング
  という領域で【感動をプロデュース】を、
  日本だけではなく、世界で活躍したいと願っている。
  僕たちは、【さらに前進する】と決めています。

②そんなビジョンに、なぜ【新卒】が必要なのか?
  まずずっと僕の夢であったことがまずもって大きい。
  それと、準備が整ってきたことも大きい。
  
  新卒採用とは【タイミング】だと僕は思っている。
  PDPという【僕たち】と、
  
  新卒生という【君たち】とが、

  【今までも頑張ってきた僕たち】と、

  【これまでも素晴らしい君たち】として

  本音で腹を割って語り合い、

  そして、

  【これからも頑張りたい僕たち】と

  【これからこそがさらに素晴らしいであろう君たち】と、

  これからの僕たちについて真剣に語り合う。

  こんなプロセスは、
  【新卒】と【恋愛】時にしかない素敵なことだ。
  PDPの企業文化に、新卒採用は合っていると思う。

  理念の共有・考え方の浸透スピード・中長期的な経営計画など、
  メンバーが【同じ方向を向いている】いてこそ、
  初めて【感動をプロデュース】することが出来るのだと思う。
  新卒は、そこまでの到達スピードが速いとも思う。

  また僕たちは間もなく10年目を向かえ、第二ステージに入る。
  この第二創業期には、新卒のパワーが絶対必要である。
  次回は、そんな【新卒に期待していること】を書きます。

  では。

—————
Positive Dream Persons
Saint Jordi Wedding salon TOKYO
Saint Jordi Flowers The Decorator

Archive

Recent article

Book

杉元 崇将(Sugimoto Takamasa)株式会社ポジティブドリームパーソンズ 代表取締役

1967年2月13日生まれ、福岡県北九州市出身。
福岡大学商学部卒業、グロービス経営大学院修了(MBA)。1997年、レストランウェディングのプロデュースを中心とした「有限会社ポジティブ」起業。4年後、「株式会社ポジティブドリームパーソンズ(PDP)」へ組織・商号変更し、現職に至る。"感動創出企業"としてホテル、レストラン、ウェディングなど、幅広い事業を展開。2013年第13回 EYアントレプレナー・オブ・ザ・イヤー セミファイナリスト選出。

Page Top