杉元崇将のポジティブスイッチブログ

どんな挑戦も、どんな奇跡も、スイッチをONにして立ち向かう
ポジティブドリームパーソンズ代表杉元のポジティブスイッチブログ

POSITIVE SWITCH BLOG X TAKAMASA SUGIMOTO

【役員紹介】

おはようございます。
今朝は天気が良いですね。
暖冬ということか、今が真冬であるコトを忘れそうですね。
さて弊社ではまもなく新卒説明会がスタートします。
今まではやっていませんでしたが、満を持してのスタートです。
多くの輝く夢多き学生のみんなにお会いできることを、
心より楽しみにしています。
さて、今日は弊社の役員を紹介します。
PDPには、代表取締役としての杉元のほかに、
3名の取締役で経営陣としての構成をなしています。
まず一人目が伊藤功師(いとうこうじ)。
彼は現在37歳。弊社では経営統括部門を担当しており、
主に、管理的業務としての総務や財務的業務と同時に、
経営企画としてのPDPにおける中長期的視点での戦略や計画立案を
担当しています。
実ははるか昔、
僕がまだウエディングプランナーとしても活躍(?)してたころの
新郎さんとしてのお客様であったのが伊藤です。
ひょんなことから再会。約6年前にPDP入社となったわけです。
伊藤を含めて僕の担当したお客様がPDPには合計3名入社しています。
お客様ということなので、要は新郎新婦のいずれかの方であり、
なぜか入社されたのは、全て新郎様のほうでした。
現在では伊藤のみが残っており、
取締役として活躍をしています。
続いては國分滋郎(こくぶんじろう)。
現在36歳。
ブライダルビジネスという仕事に限定すれば、
おそらく僕の次に國分が長いということになります。
絞り込んだ仕事を集中的に担当することに長けており、
現在は営業統括部門の一部その責任範囲として、
フラワービジネスとブライダルビジネスの一端を担っています。
北は北海道出身で、旅行の好きな取締役です。
最後に野元義久(のもとよしひさ)。
現在38歳
リクルートに始まり、様々なHR系ビジネスや組織系を経験。
弊社にとっても、
大変お世話になっている会社の、ベンチャー企業統括責任者でした。
PDPが拡大してゆく過程の中で、
未来のPDPを担う人財を確保するための採用戦略や
メンバーの能力を最大発揮させるための評価制度、
【個人を強烈に活かす組織】から【PDPという個性を強烈に活かす組織】
に変えるための組織戦略などが、弊社にとって特に重要度が増す中で、
<外から手術的に改善>するスピード感ではなく、
<中から日常的に予防改革する>体制こそがPDPには必要であると捉え、
1年半前からPDPの取締役として活躍しています。
こよなく子供を愛する素敵なパパぶりも魅力です。
新卒採用における最終選考は、
僕を含めたこの4名が担当させていただきます。
ぜひ今日のような清清しさを感じる天気の中で、
皆さんの熱いまなざしと出会えますことを、心より楽しみにしています!!
—————
Positive Dream Persons
Saint Jordi Wedding salon TOKYO
Saint Jordi Flowers The Decorator

Archive

Recent article

Book

杉元 崇将(Sugimoto Takamasa)株式会社ポジティブドリームパーソンズ 代表取締役

1967年2月13日生まれ、福岡県北九州市出身。
福岡大学商学部卒業、グロービス経営大学院修了(MBA)。1997年、レストランウェディングのプロデュースを中心とした「有限会社ポジティブ」起業。4年後、「株式会社ポジティブドリームパーソンズ(PDP)」へ組織・商号変更し、現職に至る。"感動創出企業"としてホテル、レストラン、ウェディングなど、幅広い事業を展開。2013年第13回 EYアントレプレナー・オブ・ザ・イヤー セミファイナリスト選出。

Page Top