杉元崇将のポジティブスイッチブログ

どんな挑戦も、どんな奇跡も、スイッチをONにして立ち向かう
ポジティブドリームパーソンズ代表杉元のポジティブスイッチブログ

POSITIVE SWITCH BLOG X TAKAMASA SUGIMOTO

【謝辞】。

こんちには。杉元です。
葉山に完成するホテル【SCAPES】も、
段々とコンテンツがまとまってきました。
異動や配属により、組織体制も固まり、
あとは順調な開業を迎えるのみです。
皆さん、ぜひ楽しみにしてください。
さて、今日は久々に結婚式についてブログを書きます。
以前もここで書きましたが、
週末の僕は、ほとんどオフィスを外出して、
披露パーティ会場にいます。
また、
スタバ片手に車で移動をしながら、
数ヶ所を動き廻る時もあれば、
地方等を見て廻ることもあります。
見るポイントは大きく3つ。
・主役である新郎新婦と、
 招かれたゲストの方の【満足度】はどうか?
・そのための【弊社側のサービス】はどうか?
・それをとりまとめる【プランナー】の指示や体制はどうか?
の3点です。
今の時代、
【来て頂いた方に、今日一日楽しんでもらいたい】と
願わない新郎新婦は皆無です。
よって、
新郎新婦が【今日はゲストを楽しませている】という満足感と、
ゲストは【今日のこの日がとても楽しいと感じている】
という満足感の、
双方の強烈な一致感が重要である。
これが【楽しい】という一体感を生む。
そのバランスが絶妙であるかを、長年の経験で見ています。
加えてプランナーは、
その日一日を、陰で支える役割なわけですが、
同時に、
【二人と共に創り上げた作品発表会】でもあるというのが、
僕の考えである。
よって、当日の進行表を片手に、
今日の流れやポイント、時には空調の温度などが適切かなど、
一歩引いた姿勢でその日に臨むようにしている。
3月24日に行われた謝辞が
とても心に残りましたのでご紹介したいと思う。
新郎から新婦への、<尾崎豊の歌>でパーティは謝辞を迎え
新郎から、
【今日は両親は参加していないが、
 自分は父親を心から尊敬している。
 越えそうで超えられない。
 これからも
 そんな父親の背中を見つめて頑張ろうと思う】という言葉と、
【今日来てくれたゲストのコトを大切に思う。
 これからも叱咤激励を宜しくお願いします】という言葉が、
上手く言えないが、とても感動をした。
最後に、
【プランナーの○○さん、今までアリガトウ】という言葉も、
君のおかげだ!!という熱い気持ちが伝わり、
そのプランナーもとても達成感を感じたのではないだろうか。
少し役割を忘れて見入ってしまった。
これからも、
こんな【感動】を提供し続けることと同時に、
こんな【感動】を感じたときに、またこのブログで紹介したい。
では。

Archive

Recent article

Book

杉元 崇将(Sugimoto Takamasa)株式会社ポジティブドリームパーソンズ 代表取締役

1967年2月13日生まれ、福岡県北九州市出身。
福岡大学商学部卒業、グロービス経営大学院修了(MBA)。1997年、レストランウェディングのプロデュースを中心とした「有限会社ポジティブ」起業。4年後、「株式会社ポジティブドリームパーソンズ(PDP)」へ組織・商号変更し、現職に至る。"感動創出企業"としてホテル、レストラン、ウェディングなど、幅広い事業を展開。2013年第13回 EYアントレプレナー・オブ・ザ・イヤー セミファイナリスト選出。

Page Top