杉元崇将のポジティブスイッチブログ

どんな挑戦も、どんな奇跡も、スイッチをONにして立ち向かう
ポジティブドリームパーソンズ代表杉元のポジティブスイッチブログ

POSITIVE SWITCH BLOG X TAKAMASA SUGIMOTO

【POSITIVE SWITCH ONしてる??】

こんばんは。杉元です。
4月を迎え、桜が満開を迎える今日この頃、
街には熱い視線の先に、
【将来の夢と希望】という
大きな夢を持ったフレッシャーズが溢れ、
今まさに社会へのデビューを果たした
新入社員を見かけることが増えてきました。
改めて今春社会にデビューされた新入社員の方々、
おめでとうございます。
僕にも17年前にそんな季節がありました。
カッコつけたがり屋の当時の僕は、
妙に紺色のスーツが恥ずかしかったのを憶えています。
ぜひ素晴らしい社会人人生を過ごされてください!!!。
さて、
今日は弊社の基本的機軸である
【POSOTIVE SWITCH】について書きます。
弊社では大きく2つの考え方や概念を持っています。
1つは【FIELD=フィールド】という概念です。
これは、PDPの経営に携わる人に課したコミットメントです。
極論で行くと、明日僕がいなくなったとしても、
<PDPの経営陣がメンバーに約束すべきこと>と定義しています。
もう1つが、【ISM=イズム】という概念です。
これは、PDPの経営だけでなくPDPの全メンバーが、
<Positive Dream Persons人として行動すべきこと>
という言葉で定義づけることができます。
僕は、
PDPの経営が【FIELD】に対して実行信念を貫き、
僕も含めた、PDPの全メンバーが、
仲間や顧客に対して【ISM】を実践するというサイクルこそが、
<会社とメンバーとお客様>との
ハッピートライアングルを産み出す根源であると考えている。
そしてそんなことを実行できる人が
【前向きで夢溢れる人】である骨格であって、
そんな人がひとつのチーム【前向きで夢溢れる人達=PDP】となれば、会社は異常に強いと考えている。
僕はそんな想いを根源に、
㈱ポジティブドリームパーソンズという会社を創り、
加えて、
廻りに『濃いよ~!!!』と言われても、
断固この社名にこだわり、そんな想いを込めた訳である。
なぜなら逆に、
『ネガティブで現実的な人たち』には
何も素晴らしい夢や希望と言う未来が待ってないからである。
そんな濃い会社を創り、社名をつけた僕は、
基本的に、
①切り換えが早い<=割りきりが早い>
②悩まない<=しっかりは考えますが。。。>
③あまりイジケナイ<=クヨクヨしないという意味>
④中途半端が嫌い<=白黒はっきりしたい派>
⑤先に答えを決める<理由は後付けで考える>
・・・・・・・・・・・など。
言い出したらきりがないですが、
割とそんな傾向がある自分です。
某コンサルティング会社の○永さんと、
こんな僕や、こんな会社や、こんな社名のことを話してると、
【POSITIVE SWITCH】という言語とキーワードが見えてきました。
今回僕達は、
この言葉で08新卒を戦おうと決めました。
そして、
学生の方へ伝えたいメッセージは、
【就活を通じて、
   <前にスイッチを押す大切さ>を伝える】というコト。
みなさんの【POSITIVE SWITCH】はONしてますか??。
PDPは常にONして頑張っています。
【本気な学生に栄光あれ!!!!!】。では。

Archive

Recent article

Book

杉元 崇将(Sugimoto Takamasa)株式会社ポジティブドリームパーソンズ 代表取締役

1967年2月13日生まれ、福岡県北九州市出身。
福岡大学商学部卒業、グロービス経営大学院修了(MBA)。1997年、レストランウェディングのプロデュースを中心とした「有限会社ポジティブ」起業。4年後、「株式会社ポジティブドリームパーソンズ(PDP)」へ組織・商号変更し、現職に至る。"感動創出企業"としてホテル、レストラン、ウェディングなど、幅広い事業を展開。2013年第13回 EYアントレプレナー・オブ・ザ・イヤー セミファイナリスト選出。

Page Top