杉元崇将のポジティブスイッチブログ

どんな挑戦も、どんな奇跡も、スイッチをONにして立ち向かう
ポジティブドリームパーソンズ代表杉元のポジティブスイッチブログ

POSITIVE SWITCH BLOG X TAKAMASA SUGIMOTO

【涙がキラリ☆】。

大変ご無沙汰をしました。杉元です。
昨日弊社メンバーから、
『杉元さん、ブログは鮮度が命ですよぉー!!』って言われました。
このメンバーは、よく社内でも気がつくスタッフです。
ウエディングプランナーとして素晴らしいですが、
今後は敢て違うことをやらせたいと考えています。
さて。
数えること7回。
これは今年に入って、
僕が列席させて頂いた【結婚式】の数なんです。
年齢的なものでしょうか、<主賓>というのが増えてきて、
こんな僕でよいのだろうか・・・といつも思いながら、
いつも長めのスピーチしています(笑)。
7月に僕の義妹の結婚式に参加しました。
今回は親族という立場でもあり、
少し余裕で、いろいろなコトを感じながらの披露パーティでした。
そのパーティを何故取り上げてブログするかというと、
【こんなに列席者の涙の多い披露宴初めて!!】と感じたからです。
どんなときに涙を感じたかというと・・・・、
まずは【ビデオ】。計3本ありました。
そして【手紙】。新郎からの手紙もありました。
そして【余興】。苦労と仲間愛は、感激も相まって、
その懐かしさが涙へと変わります。
そして僕が何よりも感動をしたのが【会社仲間愛】。
実はその二人は社内結婚のため、
列席者の半数は、その会社の方でしたが、
会社の仲間の方の一致団結感や余興の気合の入り方を見て、
そして、その気合の入り方に号泣している新郎新婦を見て、
僕の涙腺もついに破裂しました。
<その会社恐るべし・・・・>。
その会社とは、
自動車会社であり、
間もなく世界一になりそうな会社で、
今回の列席者は、
その会社の中で、○クサスという高級車を日本に浸透するために
頑張っている方々である。
久々、【一致団結の凄さ】を痛感した一日であった。
この【一致団結力】が、
いつもより過激に多くの人の涙を誘ったわけである。
笑いの多いパーティも素晴らしいが、
こういうパーティも、本当に素敵である。
では。

Archive

Recent article

Book

杉元 崇将(Sugimoto Takamasa)株式会社ポジティブドリームパーソンズ 代表取締役

1967年2月13日生まれ、福岡県北九州市出身。
福岡大学商学部卒業、グロービス経営大学院修了(MBA)。1997年、レストランウェディングのプロデュースを中心とした「有限会社ポジティブ」起業。4年後、「株式会社ポジティブドリームパーソンズ(PDP)」へ組織・商号変更し、現職に至る。"感動創出企業"としてホテル、レストラン、ウェディングなど、幅広い事業を展開。2013年第13回 EYアントレプレナー・オブ・ザ・イヤー セミファイナリスト選出。

Page Top