杉元崇将のポジティブスイッチブログ

どんな挑戦も、どんな奇跡も、スイッチをONにして立ち向かう
ポジティブドリームパーソンズ代表杉元のポジティブスイッチブログ

POSITIVE SWITCH BLOG X TAKAMASA SUGIMOTO

【200年継続する会社へ】。

こんばんは。杉元です。
今日の僕のスケジュールは、
グラナダスィート福岡の【定例月次会議】が4時間
フラワー事業における【コスト戦略】を一人で考えるのに2時間
・09年新卒向け説明会の【社内打合せ】に3時間
と、一つ一つに時間をかけた一日でした。
弊社の会社説明会もいよいよ1月27日(日)より始まります。
・PDPのビジョンにぜひ共感していただける
・熱い&本気な
・客観的でなく主体的である自分をイメージできる人
と、ぜひ向き合って共に仕事をしたいと考えており、
そんな同志でもある、戦友のような人たちを探しています。
ぜひとも宜しくお願いします。
さて。
本日はPDPの【今の考え方】についてです。
PDPは今11期目を戦闘中です。
上手く行っていることもあれば、
大きな改善点が必要なコトも抱えながら、
今期を邁進しています。
その中で大きなテーマとして、
【PDPをどんな会社にしてゆくか?】ということを、
今期、改めて経営チームで深く議論を重ねています。
視点としては、<短期>ではなく<長期>。
我々は、どう在りたいのか?
どういう状態を最高と定義したいのか?
などを意見を交わし、時間を共にしています。
現在はその骨子は完成し、
弊社のマネジメントメンバーとも深い議論を重ね、
共有・浸透も同時に行っている最中です。
一つの方向性として、
【PDPは200年継続する会社を目指す】ことを定義しています。
200年と100年とは訳が違う。
100年生きられる人はいるかもしれないが、
200年生きれる人はいない。
よってPDPは、
一人の人や、人の人生に左右されない強い会社を目指し、
【すごい会社】にしたいと本気で思っています。
そう考えていったとき、
PDPでは<今=11期>を、
すでに【第二創業期】として位置づけました。
早いかもしれないが、
【200年継続するすごい会社】へ成長するために、
あえて今をそう位置づけることが重要であるという判断です。
よって昨季後半から徐々に変革を興している訳です。
例えば【感動プロデュース】。
PDPは今まで【ウエディングのプロデュース】で頑張ってきました。
もっと言うと我々はウエディング専門会社でした。
だが【200年継続する会社】となるためには、
更なる事業軸が必要となる。
よって、我々はまだまだ主体的部門であるが、
ウエディングをあえて、一事業部門という捉え方に変更し、
更なる成長軸を、
人財が介在するビジネスに特化し、
・ホテル事業
・レストラン事業
・ウエディング事業
・フラワー事業
・バンケット事業
・コンサルティング事業という6領域とした訳です。
この領域を、【感動】という横軸で捉え、
サービスと商品提供を行ってゆく戦略です。
全てをここで書くことが出来ません。
2200年頃には、僕も皆さんもすでにいませんが(笑)、
強く凄い状態である企業を目指しております。
では。
ポジティブドリームパーソンズ
ポジティブドリームパーソンズ 新卒サイト

Archive

Recent article

Book

杉元 崇将(Sugimoto Takamasa)株式会社ポジティブドリームパーソンズ 代表取締役

1967年2月13日生まれ、福岡県北九州市出身。
福岡大学商学部卒業、グロービス経営大学院修了(MBA)。1997年、レストランウェディングのプロデュースを中心とした「有限会社ポジティブ」起業。4年後、「株式会社ポジティブドリームパーソンズ(PDP)」へ組織・商号変更し、現職に至る。"感動創出企業"としてホテル、レストラン、ウェディングなど、幅広い事業を展開。2013年第13回 EYアントレプレナー・オブ・ザ・イヤー セミファイナリスト選出。

Page Top