杉元崇将のポジティブスイッチブログ

どんな挑戦も、どんな奇跡も、スイッチをONにして立ち向かう
ポジティブドリームパーソンズ代表杉元のポジティブスイッチブログ

POSITIVE SWITCH BLOG X TAKAMASA SUGIMOTO

【シャレが通じる時代へ】。

こんにちは。
1月もあと一週間。
最後の追い込みかけねばなりません。
今年は年初に【気を緩めない】ようにメンバーへ伝えました。
今のPDPには、
・徹底的に【徹底】する<芯の強さ>と
・継続した安定成績を残す<真の強さ>が必要です。
つまり【本物の強さ】です。
長く言い続けたつもりですが、
まだまだ僕の徹底度合いが足りないのでしょう。
【本物の強さ】にはまだまだ到達していないです。
PDPが一つ上のステージに成長するための重要な通過点。
今年は僕自身における経営テーマとして、
会社へのこの部分の
本質的な強さと浸透に僕とメンバーは努めたいと考えています。
さて。
以前このブログでも書きましたが、
月に30~40冊の雑誌や本を読みます。
【雑誌】においてのポイントは、
<情報収集>や<トレンド把握>とかがメインで、
好きなインテリアや洋服など【プライベート】に役立てます。
但し日経系の本は、ビジネス参考などのために役立てます。
加えて月に1~2冊の【本】を読みます。
こちらは<勉強>とか<生き方>とかでしょうか。
そんな感じで読んでいます。
よって本屋には良く行くのですが、
最近は、
・ノウハウ本や
・<○○○の方法>とか<○○○の法則>的なタイトル本を
よく目にするようになりました。
実は、数度となく読んだ事があるのですが、
<す~と入ってくる感=ポイントや要点を理解できる感>は
あるのですが、何か、
<グサッと胸に突き刺さる感>や
<深い部分で心が波動する感覚>を得る事が出来ず、
あまりその手の本は読みません。
どちらかと言うと繰り返し読む本も多く、
最近は久々に【7つの習慣】を読み直し中です。
話は変わりますが、
先日とある人達とご飯食べました。
楽しいお酒と時間。楽しいものです。
こんな質問をされました。
『杉元さんってよく、
 何事にも独創的なほうが良いって言うけど、
 具体的にどんな感じなの?』
僕が答えたのはこんな感じ。
『シャレの分かる人達に、
【なるほどね~】っていうシャレが通じれば独創的かな??』
つまり、<遊びの幅>は商品=差別化だと考えてます。
シャレが通じる時代になればさらに嬉しいな!!!。
もっと戦いやすくなる。では。
ポジティブドリームパーソンズ
ポジティブドリームパーソンズ 新卒サイト

Archive

Recent article

Book

杉元 崇将(Sugimoto Takamasa)株式会社ポジティブドリームパーソンズ 代表取締役

1967年2月13日生まれ、福岡県北九州市出身。
福岡大学商学部卒業、グロービス経営大学院修了(MBA)。1997年、レストランウェディングのプロデュースを中心とした「有限会社ポジティブ」起業。4年後、「株式会社ポジティブドリームパーソンズ(PDP)」へ組織・商号変更し、現職に至る。"感動創出企業"としてホテル、レストラン、ウェディングなど、幅広い事業を展開。2013年第13回 EYアントレプレナー・オブ・ザ・イヤー セミファイナリスト選出。

Page Top