杉元崇将のポジティブスイッチブログ

どんな挑戦も、どんな奇跡も、スイッチをONにして立ち向かう
ポジティブドリームパーソンズ代表杉元のポジティブスイッチブログ

POSITIVE SWITCH BLOG X TAKAMASA SUGIMOTO

⑥【中期計画】。

こんばんは。杉元です。
弊社における09年新卒説明会が本日最終を迎えました。
来て頂いた皆さんホントにありがとう。
ぜひ一緒に【感動プロデュース】やりましょう!!!。
さて。
連続シリーズ(笑)の最終回となる今回は、
PDPにおける直近計画はどんな感じなのか?についてです。
つまり、
⑥【PDPの中期計画】についてお話します。
大きく分けてポイントは3つ。
・中期計画の期間は<3年>とした。
・<4つの基本方針の設定>
・<事業のポジショニング設定>
となります。
1つ目の<3年>ですが、
弊社のスピード感では、
5年では長く、3年がジャストフィットするという判断です。
2つ目の<4つの基本方針>について。
全てを話すことは出来ないのですが、
掻い摘んでポイントを話をすると、
【体を大きくすることより、筋肉質となること】に、
選択と集中する事を軸としています。
つまり、
・表層よりも中身(真髄)を磨く3年間とし、
・数よりも質を重視する3年間とし、
・感動レベルを引上げるとと同時に体系化させる3年間とし、
・労働集約型から知的生産型へのビジネスモデルの転換を図り、
・短期的な採用や育成ではなく、
・長期的な採用と育成にシフトする3年間とする
などの計画がこれに該当します。
3つ目の<事業のポジショニング>ですが、
弊社において大きなポリシーの変更があります。
そのポリシーとは、
ウェディングプロデュース会社から
感動プロデュース会社に変革するにあたり、
<ウェディング事業を他事業と並列化したこと>です。
6つの事業軸、つまり
・ホテル事業
・ウェディング事業
・ウェディングコンサルティング事業
・レストラン事業
・フラワー事業
・バンケット事業
において、
<どれも【感動を提供すること】においては同じだ>という
概念で意思統一しました。
そして6つの事業を、
・ホテル事業
・レストラン・フラワー・バンケット事業
・ウェディング事業(直営・提携・コンサルティング)
と、さらに3つの事業領域に区分し、
それぞれの事業領域でノウハウのナレッジを進める事を通じて、
<ウェディングプロデュース会社>から
<感動プロデュース会社>への進化を期間中に完成させる
という計画です。
長文ご愛読ありがとうございます。
弊社にご関係いただいている方々や、
採用活動において説明しきれない部分において、
少しでも深い部分や、参考になればと考えています。
次回よりもう少し普通のブログに戻ります。
では。
ポジティブドリームパーソンズ
ポジティブドリームパーソンズ 新卒サイト

Archive

Recent article

Book

杉元 崇将(Sugimoto Takamasa)株式会社ポジティブドリームパーソンズ 代表取締役

1967年2月13日生まれ、福岡県北九州市出身。
福岡大学商学部卒業、グロービス経営大学院修了(MBA)。1997年、レストランウェディングのプロデュースを中心とした「有限会社ポジティブ」起業。4年後、「株式会社ポジティブドリームパーソンズ(PDP)」へ組織・商号変更し、現職に至る。"感動創出企業"としてホテル、レストラン、ウェディングなど、幅広い事業を展開。2013年第13回 EYアントレプレナー・オブ・ザ・イヤー セミファイナリスト選出。

Page Top