杉元崇将のポジティブスイッチブログ

どんな挑戦も、どんな奇跡も、スイッチをONにして立ち向かう
ポジティブドリームパーソンズ代表杉元のポジティブスイッチブログ

POSITIVE SWITCH BLOG X TAKAMASA SUGIMOTO

【新卒説明会…①第二創業期】。

皆様おはようございます。杉元です。
昨日は日帰りで名古屋に行ってきました(近いですね!!!)。
さて。
今回から数回にわたって、
追加講演となる新卒説明会に関与したブログをお送りします。
少しでも学生の皆さんに、
・PDPが今何を考え、何を重視しているのか?
・PDPはどこに向かい、何をしようとしているのか?
などを分りやすく説明したいと考えています。
その初回となる今回は【第二創業期】についてです。
PDPは1997年の設立となり、
そしてこの5月より12期目を迎えている新興企業です。
<ウエディングをプロデュースする>ことを
強いミッション・目的として設立された弊社は、
今、まさに大きく舵の方向性を変え、
<感動をプロデュースする>企業へと軸足を進化させています。
なぜそうするのか?。
それは、
ウエディングビジネスと言うのはまさに<感動ビジネス>だと
心から気付いたからに他なりません。
卵が先か鶏が先かの議論に似ていますが、
ウエディングを行うことを通じて感動を提供することではなく、
感動を提供するためにウエディングビジネスを行うのです。
つまり【感動】というキーワードがPDPには最重要と
定義し直したわけです。
よって昨季PDPはその概念に合わせて、
会社の考え方を180度転換しました。
また新しい会社を設立&創造してゆく感覚であり、
だからPDPは今を第二創業期と定義した訳です。
この第二創業期の定義にとって、
PDPは、
・企業理念型経営とし、
・採用を新卒中心に切り換え、
・感動をテーマに様々なビジネスを展開する
こととし、
今まさに会社を改めて創りこんでいる初期です。
この時期(=第二創業期)をPDPと共に過すことにより、
学生の皆さんは、
<共にPDPの未来を創り上げる創業メンバーの仲間>であり、
<あなたの成長が新PDPの成長にまさに直結する>
という意味があるのです。
そんなPDPに是非ご期待ください。
次回は、
【感動】をテーマに創造された
【コンパクトデザインホテル】についてです。
どういうコンセプトで産み出されたのか?
その中でスケープスの方向性や役割は何なのか?
についてお話します。では。

Archive

Recent article

Book

杉元 崇将(Sugimoto Takamasa)株式会社ポジティブドリームパーソンズ 代表取締役

1967年2月13日生まれ、福岡県北九州市出身。
福岡大学商学部卒業、グロービス経営大学院修了(MBA)。1997年、レストランウェディングのプロデュースを中心とした「有限会社ポジティブ」起業。4年後、「株式会社ポジティブドリームパーソンズ(PDP)」へ組織・商号変更し、現職に至る。"感動創出企業"としてホテル、レストラン、ウェディングなど、幅広い事業を展開。2013年第13回 EYアントレプレナー・オブ・ザ・イヤー セミファイナリスト選出。

Page Top