杉元崇将のポジティブスイッチブログ

どんな挑戦も、どんな奇跡も、スイッチをONにして立ち向かう
ポジティブドリームパーソンズ代表杉元のポジティブスイッチブログ

POSITIVE SWITCH BLOG X TAKAMASA SUGIMOTO

【成約者向けイベントの意味と意図とは】。

こんばんは。
本日は弊社東京にて大きなイベントが開催されました。
約200組の方々にお越しいただいた訳ですが、
お仕事帰りの中本当に感謝を申し上げたいと思います。
実はこれは、
結婚式をお挙げになられるお客様に対してのイベントであり、
既に弊社へ申込をいただいているお客様に限定してのサービスです。
なぜこのイベントを開催に至ったのかと言うと3点の理由となります。
1つ目は、
『限りなく実物を見る機会を創りたい』という考え方です。
なぜ実物を見て頂いたほうが良いかは
多くを語る必要はないと思いますのでここでは割愛しますが、
2つ目は『商品を、より深く提案したい』という考え方です。
ここはぜひ説明させていただきたいと思います。
情報が増えた昨今、
関連商品を探せば色々とあるのですが、
『<ネットや雑誌での実物なき比較>はやはり顧客は判断しにくい』と私どもは考えています。
より多くの商品の実物閲覧機会を提供したいという考えに基づいてです。
また『創り手から顧客への生声・肉声での提案機会』も創造したかった訳です。
通常の打ち合わせの中で
弊社のWプランナーもしっかり商品提案を実行しているのですが、
『実はもう少しほかの人の話も聞いてみたい』=比較検討欲求
『他のお客様が、
 どんなプロセスでどんな商品を購入されているかや
 どんな観点を判断軸にその商品を選んだのかを知りたい』
                     =他者比較欲求
があられるのではないか?と考えるようになり、
ぜひお客様より、
『色々な商品を閲覧する事が出来た』
『その商品の魅力がさらに確認できた』
『Wプランナーの提案がより深く認識できた』
などの声を頂けるような場を提供すれば、
さらに喜んでいただけるのではと考えた次第です。
3つ目は
【顧客における
 打ち合わせ期間中の満足度を最大化したい】という考え方です。
結婚式準備の場合、様々な事を鑑みると、
お客様は、4~5回の打合せを実施されることとなられます。
実はこの期間中の<顧客の最大の負担>はズバリ【時間】となります。
不思議なもので、
結婚式準備というのは4~5回の打ち合わせという<点>でなく、
数ヶ月という<線>や<面>での準備となります。
加えて、<打ち合わせのための宿題>などもある訳であり、
結果新郎新婦のご準備は大変な訳です。
私たちはここに、
<意味のある時間>や<効果的な時間>を提供することで、
お客様に<効率的な時間>や<意味のある時間>というサービスを
提供したいし、出来るのではないかと考え、
様々なアンケートよりそう考えるようになったわけです。
私たちはその<時間>さえもサービスしようと考えた訳です。
次回の開催は12月となります。
反省等を加えながら、
イベントとしての成長を成してゆきたいと考えています。
2009年の年初から春のお客様は、
是非楽しみにしていただければと思います。
 

Archive

Recent article

Book

杉元 崇将(Sugimoto Takamasa)株式会社ポジティブドリームパーソンズ 代表取締役

1967年2月13日生まれ、福岡県北九州市出身。
福岡大学商学部卒業、グロービス経営大学院修了(MBA)。1997年、レストランウェディングのプロデュースを中心とした「有限会社ポジティブ」起業。4年後、「株式会社ポジティブドリームパーソンズ(PDP)」へ組織・商号変更し、現職に至る。"感動創出企業"としてホテル、レストラン、ウェディングなど、幅広い事業を展開。2013年第13回 EYアントレプレナー・オブ・ザ・イヤー セミファイナリスト選出。

Page Top