杉元崇将のポジティブスイッチブログ

どんな挑戦も、どんな奇跡も、スイッチをONにして立ち向かう
ポジティブドリームパーソンズ代表杉元のポジティブスイッチブログ

POSITIVE SWITCH BLOG X TAKAMASA SUGIMOTO

【夏の贈り物】。

こんにちは。杉元です。
先週より一気に涼しさを感じる季節となりました。
北京オリンピックも終盤を迎え、牧歌的な雰囲気も感じながら
残り少ない2008年の夏を満喫したいものです。
さて。
本年より、
社員のご家族へ<夏の贈り物>をお送りさせて頂く事としました。
今後は毎年恒例のこととして恒常的に行います。
なぜそのようにしたかというと以下の2点です。
一つ目は<ご家族への共感と共有>です。
今回は<ある本>をお贈りさせて頂いたのですが、
ご家族の働くPDPという会社が、
・一体何をやってる会社なのか?
・どんな経営サイズの会社なのか?
などを、思いのほか共有できていないと判りました。
これは、
・メンバーに説明しやすい<ツール>を用意してあげてない
・ご家族にご興味を持っていただく<仕掛け>を会社が用意できていない
と考えるようになり、
本年度より、PDPとしてご父兄の皆様や配偶の皆様へ
・PDPという会社は一体何をしている会社なのか?
・PDPという会社はどんな考え方を持っているのか?
・PDPという会社は今後どういう経営の方向を指針しているのか?
など、情報を定期的にお送りさせていただくことを通じて
<ご家族の皆様とも共有を重視したい>と考えた訳です。
二つ目が<メンバーの働きやすさと成長支援>です。
社内のアンケートにて退職に至る要因の一つに、
<ご家族の理解を得にくいと退職となりやすい>ことを認識しました。
よって、
<ご家族の理解を得やすい会社にする>ことが重要と判断しました。
これは決して
【甘い】【ぬるい】【ただの安定的企業】を目指すという主旨でなく、
【どう考え】【何を重視し】【よってどう進めたいか】を
シッカリご家族にお伝えする事こそが、
メンバーの
<PDP内での長期的な成長や、強い気力の醸成に直結する>
と考えた訳です。
ウエディング企業から感動プロデュース企業への<脱皮>などは、
それこそ社内だけでなく、
ご関係の各皆様や、顧客への共有や共感さえも重視される弊社の重要な経営方針であり、
PDPとして今後の重要な取り組みに格上げをしたところです。
ぜひご家族の方からも愛されるPDPへ前進進化させてゆきます。では。

Archive

Recent article

Book

杉元 崇将(Sugimoto Takamasa)株式会社ポジティブドリームパーソンズ 代表取締役

1967年2月13日生まれ、福岡県北九州市出身。
福岡大学商学部卒業、グロービス経営大学院修了(MBA)。1997年、レストランウェディングのプロデュースを中心とした「有限会社ポジティブ」起業。4年後、「株式会社ポジティブドリームパーソンズ(PDP)」へ組織・商号変更し、現職に至る。"感動創出企業"としてホテル、レストラン、ウェディングなど、幅広い事業を展開。2013年第13回 EYアントレプレナー・オブ・ザ・イヤー セミファイナリスト選出。

Page Top