杉元崇将のポジティブスイッチブログ

どんな挑戦も、どんな奇跡も、スイッチをONにして立ち向かう
ポジティブドリームパーソンズ代表杉元のポジティブスイッチブログ

POSITIVE SWITCH BLOG X TAKAMASA SUGIMOTO

【メールに感動した。。。】

こんばんは!!!今日も人生を楽しむ杉元です!!!。
先ほど、
社内メンバー向けに書いている限定ブログを書き終えました!!!。
その名も<SUGIMOTOS VOICE>と言います。
既に約3ヶ月先までの執筆はすでに終了しています。
※PDPは今まで何を考えてきたのか?
※PDPは今何を考えているのか?
※PDPはどこへ進むのか?
※PDPは何を大切にし、何はいらないのか?
※僕はPDPをどうしたいのか>
などを毎週月曜日に更新する、
<PDPメンバーだからこそ知っていて欲しい、
 かなり腹を割ったブログ>です。
2009年夏までが本ブログの大きな1クールです。
パワーとエネルギーを持って臨んでいます!!!。
さて。
僕は<一つのメール>に感動をしました。。。
今日もまた読み返しています。。。
全ては載せる事が出来ません。
先週お会いした<ある方>とランチをし、
<その方>から頂いたメールに大変感動致しました。
『信念は間違っていない!!!』
僕は<強いエネルギーとパワー>を貰いました。
自分たちの進めていることに対しての感想や感謝が、
こういう形の<言葉>に添えられると、
僕はお金やモノを貰うことよりも感動します。
そして物凄い行数のメール。
『そこまで深く考えてくれていたんだ。。。』
そう思うと感動せずに入られませんでした。
『ありがと!!○村さん!!。
  今僕はあなたからのメールに感動しています!!!。
   今後は夕ご飯ご一緒しましょう!!』
一部分だけですが、
僕が<感動したメール>をご紹介させてください。では。
<<<<以下頂いたメールの一部>>>>>>
私も学生時代バーテンダーをしていました。
その時興味を持つのは「何やってるんだろうこの人・・・?」
と思う、職業が分からないいわゆる業界系なのか自由人なのか不思議系空気を持つ人に
惹かれ憧れていました。バーの片隅でグデングデンに飲んで平気でそのまんま車で帰って行ったりする人・・
・・・・・・・・中略・・・・・・・・・・・・・・・・・
お昼にお話されていたこととても良く分かりました。
朝礼、夕礼、情報の共有、理念の共有。顧客の選別、第2創業期。
出てくるキーワードがとても良く分かりました。
・・・・・・・・中略・・・・・・・・・・・・・・・・・
そんな時、あるヘッドハンティング会社から今の会社を紹介され転職しました。
それから人生で初めて挫折を味わいました。
事前の話と全く違く、管理職として何とか会社を立て直して欲しいとのことでしたが
実際入社するといち平社員でした。
競争競争の社風。
周囲への気くばりや気付き、情報の共有、一体感といったもので育った私の考えとは
全く違っていました。
なので今日夕礼、共有、理念の共有というお話を聞いた時本当に共感させて頂きました。
貴社HP拝見させていただきました。
とても興味のあるものばかりでした。
葉山のホテルは昨年まで目黒に住んでいたのでクラスカを思い出し、
海沿いのチャペルは逗子のリビエラを思い出しました。
・・・・・・・中略・・・・・・・・・・・・・・・・
なぜこんなに長いメールをしているのか、一言で言うと、とても嬉しかったのです。
杉元さんのような理念の会社があるんだというのがとても嬉しかったのです。
私は人に感動を与えることが自分が感動することだと思っています。
自分が感動したいためにしているのではなくて、結果そうなるんだなといつも思います。
求めているのは感動です。
その手段を今必死に探しています。
本当に長々となってすいませんでした。
ただとても杉元さんと杉元さんの会社が素晴らしいなあと思ったということを伝えたかったのです。
明日このような話はできないと思ったのでメールしました。
文中失礼な表現あったかもしれませんがお許し下さい。
また明日宜しくお願い致します。
<<<<<<以上>>>>>>>>>>>>>>>>>>

Archive

Recent article

Book

杉元 崇将(Sugimoto Takamasa)株式会社ポジティブドリームパーソンズ 代表取締役

1967年2月13日生まれ、福岡県北九州市出身。
福岡大学商学部卒業、グロービス経営大学院修了(MBA)。1997年、レストランウェディングのプロデュースを中心とした「有限会社ポジティブ」起業。4年後、「株式会社ポジティブドリームパーソンズ(PDP)」へ組織・商号変更し、現職に至る。"感動創出企業"としてホテル、レストラン、ウェディングなど、幅広い事業を展開。2013年第13回 EYアントレプレナー・オブ・ザ・イヤー セミファイナリスト選出。

Page Top