杉元崇将のポジティブスイッチブログ

どんな挑戦も、どんな奇跡も、スイッチをONにして立ち向かう
ポジティブドリームパーソンズ代表杉元のポジティブスイッチブログ

POSITIVE SWITCH BLOG X TAKAMASA SUGIMOTO

【算数のチカラ!!!】。

こんばんは!!!。
三連休もまもなく終わりですが、
今日も人生を楽しんでいます杉元です!!
本題の前に。
12月にブランニューへヴィーズが来日します。
先週ある方から紹介されてやっと気付きましたが、
結構予約が結構いっぱいですね。。
お好きな方は早めの予約が良さそうです。
http://www.billboard-live.com/pg/shop/show/index.php?mode=detail1&event=6631&shop=1
さて。
先週の日経新聞夕刊に
【藤原和博さん】のコラムが5回にわたって連載されていました。
藤原さんは、
リクルート出身であることに加え、
※フェローというスタンスでの仕事の仕方や
※日本の子供の教育現場を変えることに情熱を注がれていること
で有名で、
一度だけ本を読ませて頂いたことがあります。
日経夕刊の連載ではこんなことが記述されていました。
簡単に言うと、
『中学生や高校生になってキレる子供の傾向として、
 往々にして小学生のとき算数をシッカリ教えてあげてない場合が多い。
 算数をシッカリ学ぶことを通じていれば、
 <ツナガリ感>や<理屈>をシッカリ認識できると同時に、
 答えが合致することに対しての<学ぶ楽しさ>が醸成できる』
みたいなニュアンスと理解しました。
僕は妙に『なるほど。。。』と納得しました。
またコラム内では、
以前改革をされた杉並区の学校において、
※学校で学んだことが社会とどう繋がるか?を教えるために
 <よのなか科>という科目も新設された
という点も、読んでいて大変納得できたわけです。
藤原さんは、
大阪県知事となられた橋下知事の依頼を受けて、
現在大阪の教育改革を担当されているとのことです。
何か日本の<学び>に、
大きな変革や改革を注入してくれるのではと、
大変期待をしています。
http://www.13hw.com/interview/interview01/01_01.html

Archive

Recent article

Book

杉元 崇将(Sugimoto Takamasa)株式会社ポジティブドリームパーソンズ 代表取締役

1967年2月13日生まれ、福岡県北九州市出身。
福岡大学商学部卒業、グロービス経営大学院修了(MBA)。1997年、レストランウェディングのプロデュースを中心とした「有限会社ポジティブ」起業。4年後、「株式会社ポジティブドリームパーソンズ(PDP)」へ組織・商号変更し、現職に至る。"感動創出企業"としてホテル、レストラン、ウェディングなど、幅広い事業を展開。2013年第13回 EYアントレプレナー・オブ・ザ・イヤー セミファイナリスト選出。

Page Top