杉元崇将のポジティブスイッチブログ

どんな挑戦も、どんな奇跡も、スイッチをONにして立ち向かう
ポジティブドリームパーソンズ代表杉元のポジティブスイッチブログ

POSITIVE SWITCH BLOG X TAKAMASA SUGIMOTO

【イベントを考察する!!】。

こんにちは!!今日も人生楽しみます杉元です。
12月26日の午前中。
PDPでは全社で
総務部門主導の<年末大掃除>が開催されました。
掃除.JPG
<全員マスク装着!!>
僕のいるフロアにおいても
大量のゴミも思い切って捨てられており、
随分身軽なオフィスになりました!!。
PDPでは毎朝9:45から掃除やってますが、
『<毎日が年末大掃除!!>くらいの気合でやると、
 効率100倍上がるな!!』なんて感じました。
理由は簡単で<掃除前>と<掃除後>が見た目もぜんぜん違うから。
つまり成果が良く見えるから。
『誰が見ても変化している!!』。
視覚的にこんな仕掛けが必要だな!!なんて感じた次第です。
さて。
実はある会社からのご招待を頂き、
<新卒採用向けのイベント>に参加してきました。
ここで大変タメになる話を聞くことが出来ました。
皆さんにシェアしたいと思います。
話し手は、
日本でも5本の指に入る大手結婚式場八方薗の井上常務。若干38歳です。
何がタメになったかと言うと2点です。
一つが『八方薗はベンチャー企業である!!』ということです。
ご承知の通り、
八方薗は数年前まで大変なスランプで何と1000組という時期があられた訳です。
その後様々な施策は勿論のごとく
社内のムード変革や大胆な改装計画や新プランの導入や発表、
経営陣の一新や理念浸透等も含め2000組復活を、
短期間で成し遂げられたとのことでした。
こう書くと<企業の再生や復活>話ととられそうですがそうではなく、
井上常務はしきりに『ベンチャー魂の注入』が今回の変革の基軸だと
おっしゃられてました。
また二つ目が<組織改革>。
例えば『かなえる婚』という、
今まで理由があって式を挙げることの出来なかった方々向けの商品開発など、
単にハードを綺麗にするだけでない<消費者の琴線に触れるプラン>も、社員からの起案で開発されたとの事。
ファミリーカンパニーの難しさもある中で、
井上常務は陣頭指揮してやっているとのことでした。
企業としてのキャッシュ対策だけでない
組織変革やソフト改革の意欲の高さも、
大変勉強となった次第です。
今後も是非ご活躍をお祈りします!!では!!。

Archive

Recent article

Book

杉元 崇将(Sugimoto Takamasa)株式会社ポジティブドリームパーソンズ 代表取締役

1967年2月13日生まれ、福岡県北九州市出身。
福岡大学商学部卒業、グロービス経営大学院修了(MBA)。1997年、レストランウェディングのプロデュースを中心とした「有限会社ポジティブ」起業。4年後、「株式会社ポジティブドリームパーソンズ(PDP)」へ組織・商号変更し、現職に至る。"感動創出企業"としてホテル、レストラン、ウェディングなど、幅広い事業を展開。2013年第13回 EYアントレプレナー・オブ・ザ・イヤー セミファイナリスト選出。

Page Top