杉元崇将のポジティブスイッチブログ

どんな挑戦も、どんな奇跡も、スイッチをONにして立ち向かう
ポジティブドリームパーソンズ代表杉元のポジティブスイッチブログ

POSITIVE SWITCH BLOG X TAKAMASA SUGIMOTO

【理念浸透の施策とは】

こんばんは!!
今日は出張先で人生を楽しんでいます杉元です。
ホテルから14階.JPG
<打ち合わせの関係上、先にチェックイン!!>
さて先日10年新卒採用説明会で、
『企業理念を浸透したりメンバーと方針を束にしてゆくために、
 どんなことをやっているのですか?』という質問が出ました。
(グッドクエスチョンでした)
色々策を打っているのですが、
解りやすく以下の2点を回答しました。
◆「毎週社内ブログを書いている」
名称を<SUGIMOTO`S VOICE>と言います。
既に半年先の原稿も完成しているのですが、
毎週月曜日にPDPメンバーが出社した時には読める状態としており、
「何があろうと日経新聞は毎朝6時に配達されている」のと同じくらい、
「イントラネットを開くと確実に更新されている」という信頼性を
強く意識して配信しています。
※何故PDPは○○な考え方を持っているのか?
※「○○と考える」その背景は何なのか?
※PDPは何を重視し何を重視しないのか?
などを、より具体的な発信をすることを通じて、
PDPメンバーには、
※より具体的にPDPの考える方向性や企業理念が理解できた
 ⇒<理解の浸透>
※その理解を通じて一人称でPDPを語れる成長
 ⇒<メンバーの成長>
の2点を期待しています。
現在では、
「SUGIMOTO`S VOICEを見るのを忘れた」や
「まだ読んでません」というアイデンティティは、
PDPでは存在しない状態となっています。
◆<コミュニケーションの場を恒常的に創っている>
2点目はズバリ<飲みニケーション>。
「いいとも!!」という名称の場と
「呑む会」という名称の場の2つを実施しています。
「いいとも!!」においては、
僕が<タモリ>で、PDP全社のマネジメントボードが<ゲスト>。
加えて経営チームメンバーが<観客>として参加。
週間で行っており、ざっと年間50回。
この「いいとも!!」では、
タモリ役の僕は出来るだけ<アウトプット>を重視。
よって
・経営者の意志や考え方をマネジメントボードが深く理解し、
・一時期離職の最大理由であった、
 「マネジメント層からのメッセージが見えない」という課題を、
より大きく改善させる為に、マネジメント層の更なる成長機会として実施しています。
もう一つの「呑む会」。
「呑む会」においては、
月間単位とし年間12回。
上記の「いいとも!!」参加のマネジメント層を中心に、
一つ下のキャプテンやリーダークラスのメンバーまでを含み、
・組織拡大によってトップとの距離を感じやすい課題を<解決する>事と、
・今最前線の戦闘状態を確認する<状況把握>
の2点が主目的であり、
「いいとも!!」では僕のアウトプットが中心なのに比較して、
僕において「呑む会」はインプットを中心に据えているのが特徴です。
直近の月曜日は「いいとも!!」だったのですが、
今回は経営管理室のユニットマネージャである河○くんがゲストでした。
メモ取る河合.JPG
<真剣にメモを取る河○UM>
彼の口から、
◆ブログや会社説明会や朝夕礼でメンバーに理念を強く「徹底」している
◆何故徹底したいかをメンバーに自分の言葉で「理解」させている
◆「世界進出にに耐え得る経営管理室」を目指している
と言えたことが彼自身の成長の証だと感じました。
今夜月に一度の「呑む会」が開催されるので出張です。
明日重要な打合せもありますが。この「呑む会」も重要なのです。
今夜も楽しく&納得の会にしたいと考えています!!では!!

Archive

Recent article

Book

杉元 崇将(Sugimoto Takamasa)株式会社ポジティブドリームパーソンズ 代表取締役

1967年2月13日生まれ、福岡県北九州市出身。
福岡大学商学部卒業、グロービス経営大学院修了(MBA)。1997年、レストランウェディングのプロデュースを中心とした「有限会社ポジティブ」起業。4年後、「株式会社ポジティブドリームパーソンズ(PDP)」へ組織・商号変更し、現職に至る。"感動創出企業"としてホテル、レストラン、ウェディングなど、幅広い事業を展開。2013年第13回 EYアントレプレナー・オブ・ザ・イヤー セミファイナリスト選出。

Page Top