杉元崇将のポジティブスイッチブログ

どんな挑戦も、どんな奇跡も、スイッチをONにして立ち向かう
ポジティブドリームパーソンズ代表杉元のポジティブスイッチブログ

POSITIVE SWITCH BLOG X TAKAMASA SUGIMOTO

【どうなるビック3!!】。

こんにちは!!。本日も人生を楽しむ杉元です!!。
3.JPG
<今朝の神宮外苑付近。多数のランニング中の人!!>
さてオバマ政権でのいわゆる景気対策法案による72兆円注入施策がスタートしましたが、
アメリカ経済懸念でもあるGMやクライスラーの再建プランが昨日の新聞を賑わしていました。加えて一様に「各社から提出された再建プランは迫力不足」と断じていました。
現在アメリカが重視している総論としての策は3つ。
※第一に「雇用創出」⇒新聞等では2年間で350万人
※第二に「金融安定化」⇒資本への資金注入や債権買取策やFRBの事実上ゼロ金利
※第三に「住宅問題」⇒家庭のバランスシート改善
各論では、
※環境や太陽エネルギー開発予算の確保
※その他
など総じて、
「現在の安定化策を打ちながら未来の魅力的分野への投資は積極的に」
としています。
つまり、
「自動車産業の重要性は把握しているものの、
 化石燃料をバンバン使う代表の業界に対して、
 ただの問題の先送りには今回はしない」という出口戦略です。
リストラ策では、
※ブランド数を半減させる
ですが、
※シェアは現在水準を維持
としており、この辺をアメリカ国民がどう見るかです。
また頻繁に「債券の株式化」という一文が新聞に出てきており、
加えて「債権者との交渉は難航中」とも併記されています。
簡単に言うと、
GMの理論⇒支払期限のある有利子負債を株式に変換することで、
     「当面存在する負債を圧縮したい」
債権者側の理論
    ⇒日米問わず企業のキャッシュを獲得する順番は、
     債権者(有利子)・国(税金)・株主の順。
     債権者から見て有利子負債を株式に変換されたところで、
     GMに何かのことがあれば、株式は紙切れ同然であり、
     回収不可の恐れがある(その位信用が無い)
MACでランチ.JPG
<コーヒー飲みながらブログを。。>
着地点はあるのか?。
アメリカ政府の回答策を見守りましょう。では!!
    
 

Archive

Recent article

Book

杉元 崇将(Sugimoto Takamasa)株式会社ポジティブドリームパーソンズ 代表取締役

1967年2月13日生まれ、福岡県北九州市出身。
福岡大学商学部卒業、グロービス経営大学院修了(MBA)。1997年、レストランウェディングのプロデュースを中心とした「有限会社ポジティブ」起業。4年後、「株式会社ポジティブドリームパーソンズ(PDP)」へ組織・商号変更し、現職に至る。"感動創出企業"としてホテル、レストラン、ウェディングなど、幅広い事業を展開。2013年第13回 EYアントレプレナー・オブ・ザ・イヤー セミファイナリスト選出。

Page Top