杉元崇将のポジティブスイッチブログ

どんな挑戦も、どんな奇跡も、スイッチをONにして立ち向かう
ポジティブドリームパーソンズ代表杉元のポジティブスイッチブログ

POSITIVE SWITCH BLOG X TAKAMASA SUGIMOTO

【痛くないですよ!!】。

こんにちは!!今週も人生を楽しんで生きます杉元です。
コンランデリ.JPG
<先日コンランデリなるものを発見しました。
 ディーン&デルーカのようなライフスタイルデリでした>
今朝に日経新聞で
麻生政権の支持率が15%まで落ちたことが掲載されていました。
新聞では「衝撃的な数字」と表現されていました。
当時人気のなかった森政権でさえ16%でこれを下回り、
過去これを下回るのは、
1993年宮沢政権の時の6%(これもスゴイ。。)と
1989年竹下政権の時の13%以来との事。
いわゆるスピード感の無さや迷走感は自らを最悪に落とし込みますね。
さて。
歯を抜きました。
「親知らず」という歯です。
今、徐々に麻酔が切れてきています。。
少し感覚が変です。
来週ももう一本抜くのです。
この一週間。
僕は大変不安でした。
子供の頃に歯を抜いたことはあるのですが、
お陰様で今まで虫歯も無く、
よって修正した歯がないため全て白い歯であり、
自分の記憶では30数年強、歯医者に行った記憶がないのです。
しかし昨年ある方から、
「歯だけは大事にした方が良い」
「歯が悪くなるとアゴが弱くなる」
「人間アゴから弱くなる」
「歯は直すことより予防する事が大切」
などの話を聞き、
昨年目標に組み込んだのです。
しかしいざ行ってみると最初は大変怖かった。。。
どうも子供の頃の、
機械でガリッと抜く感触や、
キィ~~ンという機械音で歯を削る感触や、
うがいをすると歯茎が血だらけな感じの恐怖が
残像として存在するからでしょう。
<歯科=怖い>という図式が成立していました。
しかし今の歯科業界が成長したのか
僕の行っているカワマタ歯科の川又先生が上手なのか、
本日の「必要な歯を維持する為に奥の親知らずを抜く」のも、
実は全く痛みがなかったのです。
正確に言うと「いつ抜いたのかがわからない」程でした。
凄いんですね。今の歯医者さんって!!。
「抜いた歯処分して良いですよね!!」と看護婦さんから聞かれましたが
頑張った自分の証として、
「記念に持ち帰ります。。」と答えました。
恵比寿のカワマタ歯科さんはホント最高です。
是非お薦めします!!では!!

Archive

Recent article

Book

杉元 崇将(Sugimoto Takamasa)株式会社ポジティブドリームパーソンズ 代表取締役

1967年2月13日生まれ、福岡県北九州市出身。
福岡大学商学部卒業、グロービス経営大学院修了(MBA)。1997年、レストランウェディングのプロデュースを中心とした「有限会社ポジティブ」起業。4年後、「株式会社ポジティブドリームパーソンズ(PDP)」へ組織・商号変更し、現職に至る。"感動創出企業"としてホテル、レストラン、ウェディングなど、幅広い事業を展開。2013年第13回 EYアントレプレナー・オブ・ザ・イヤー セミファイナリスト選出。

Page Top