杉元崇将のポジティブスイッチブログ

どんな挑戦も、どんな奇跡も、スイッチをONにして立ち向かう
ポジティブドリームパーソンズ代表杉元のポジティブスイッチブログ

POSITIVE SWITCH BLOG X TAKAMASA SUGIMOTO

【時代のニーズ!!】

こんにちは!!
本日も張り切って人生を楽しんでおります杉元です。
楽しそうな飲み会.JPG
<この飲み会行きたかったな~~。
 東京築地の一組限定和食レストランにての仲間たち>
さて先日あるビジネス雑誌に
「車と環境と収益」以下のような記述がありました。
簡単に記載するとこんな感じです。
トヨタはプリウスという環境に優しい車を世界で一番で市場投入した。
そして先月ホンダも
インサイトというトヨタよりも更に安い環境自動車を投入しバカ売れしている。
ポイントは「企業目標」や「企業のアイデンティティ」。
両社とも企業ビジョンに環境を唱え、
しかもホンダにおいては、F1という聖域を辞めてまで、
そのスタッフを「次世代環境自動車」(⇒ここでは環境や電気自動車)へ投入し、
明確な目標を明確にし地球を守るという企業カルチャーを醸成させている。
一方アメリカのGMが現在政府に提示している「環境自動車への投資計画」
理由は「利益がでるから」。
これでは日本に勝てないかもしれない。
次世代自動車市場においても
この企業目標や企業の保有するアイデンティティの差で
日本勢が勝つだろうと結論付けていました。
また今朝の日経新聞には、
アパレル業界において
ユニクロやポイントの販売状況が相変わらず好調に推移している点と、
しまむらやライトオンの不調が伝えられていました。
ユニクロの企業理念は、
「服を変え常識を変え世界を変える」です。
http://www.fastretailing.com/jp/
大衆的な商品(=画一的な商品)を、
ただ安く売るだけでは「節約のニーズ」は満たすのでしょうが、
先週発表されたユニクロのカラージーンズ(約30種類の色で約4000円)
のように、
※デザイン性に優れ
※時代性を捉えた中で
※しかも節約ニーズにこたえるコストパフォーマンスの高さ
という3拍子はシッカリ捉えられていないと、
今の顧客は熱狂しないとも感じました。
安さだけでは今の時代は当たり前。
もう一歩先の何かがマーケティング的に重要なのですね!!。では!!

Archive

Recent article

Book

杉元 崇将(Sugimoto Takamasa)株式会社ポジティブドリームパーソンズ 代表取締役

1967年2月13日生まれ、福岡県北九州市出身。
福岡大学商学部卒業、グロービス経営大学院修了(MBA)。1997年、レストランウェディングのプロデュースを中心とした「有限会社ポジティブ」起業。4年後、「株式会社ポジティブドリームパーソンズ(PDP)」へ組織・商号変更し、現職に至る。"感動創出企業"としてホテル、レストラン、ウェディングなど、幅広い事業を展開。2013年第13回 EYアントレプレナー・オブ・ザ・イヤー セミファイナリスト選出。

Page Top