杉元崇将のポジティブスイッチブログ

どんな挑戦も、どんな奇跡も、スイッチをONにして立ち向かう
ポジティブドリームパーソンズ代表杉元のポジティブスイッチブログ

POSITIVE SWITCH BLOG X TAKAMASA SUGIMOTO

【第4クオータースタート!!~<中期3カ年計画最終章>~】

こんにちは!今日も人生を楽しんでいる杉元です!!

 

20140201a

<ある会社の会議室。企業理念が壁にも組織にも染み込んでいます>

 

20140201b

<鎌倉のGARDEN HOUSEへ。良い空気です>

 

20140201e

<葉山のSCAPES THE SUITE。相変わらず良い空気が流れています>

 

20140201c

<パレスホテルでの経済同友会の会合。夜のパレスホテルはまるでラスベガスのべラージオのようだ>

20140201d

<パレスホテルの宴会場のブッフェ。木目のテーブルやライティングなどコントロールされていて美しい>

 

早いもので始まったばかりと思っていた2014年も1月が終了。早いですね。。

 

さて弊社では今日2月1日より第4クオーターがスタートしました。 また現在進行中の中期3カ年計画も最終年を迎えている今期においては本クオーターは まさにマラソンで言うところの40キロを超えた最終コーナーを意味し、 全社を挙げてこの三年間で実現したかった事を獲得するためのラストスパートに向かっています。

 

僕自身はこの3年間が大きな方向感としては確かな成長を実現できている3年間と受け止めており、 その実年に向けて頑張ってくれているPDPメンバーやそれを支えて頂いている家族の皆さんやお客様、 そしてパートナーの皆さんやクライアントの皆さんの大きな支援や協力があってこそだと受け止めています。

 

とは言えこの3年間で着手したかった事はほぼ全て着手しているものの、 実を取るという成果物の獲得は次の3カ年計画に譲る事が確実な課題も顕在化しており、 そういった意味ではこの2014年の訓示として社内に伝達している「前半勝負」と「徹底力を磨く」という、 スピード感や妥協感の欠如を排除し、 ポジティブドリームパーソンズという会社が本当の意味で「すごい会社」としての凄みを発揮したり「200年継続する会社」としての世紀を超える企業となる為の土台作りに僕は相変わらず汗をかきます。

 

その上で次の3年間を、PDPのステージをもうワンランク引き上げるという意味で、質と格(品質や風格)にこだわった経営を今の社風やカルチャーを維持しながら進んでいきたいと考えています。結果やビジョンに執着する楽しい会社にしたいです。

 

では皆さん二月も素晴らしい一カ月にしましょう!!では!!

Archive

Recent article

Book

杉元 崇将(Sugimoto Takamasa)株式会社ポジティブドリームパーソンズ 代表取締役

1967年2月13日生まれ、福岡県北九州市出身。
福岡大学商学部卒業、グロービス経営大学院修了(MBA)。1997年、レストランウェディングのプロデュースを中心とした「有限会社ポジティブ」起業。4年後、「株式会社ポジティブドリームパーソンズ(PDP)」へ組織・商号変更し、現職に至る。"感動創出企業"としてホテル、レストラン、ウェディングなど、幅広い事業を展開。2013年第13回 EYアントレプレナー・オブ・ザ・イヤー セミファイナリスト選出。

Page Top