杉元崇将のポジティブスイッチブログ

どんな挑戦も、どんな奇跡も、スイッチをONにして立ち向かう
ポジティブドリームパーソンズ代表杉元のポジティブスイッチブログ

POSITIVE SWITCH BLOG X TAKAMASA SUGIMOTO

【GM再建猶予60日へ!!】

こんにちは!!
本日も人生を楽しんでいる杉元です!!。
今日の桜.JPG
<少しずつ桜も開花!!(写真は僕ではありません)>
今日は街にフレッシャーズが溢れた一日でしたね。
PDPも無事入社式が執り行われ、
将来を嘱望される志士が入社いたしました。
また別の機会でシェアさせていただければと思います。
さてアメリカ自動車業界です。
オバマ大統領は、GMとクライスラーの追加支援に関する最終決定を1~2ヶ月間延長した上で、
はっきりとしたハードルレートを設定しました。
オバマ大統領の考えとしての総論は2つ。
※「アメリカは自動車産業が消滅するのを放置しない」と宣言
※GMについては「根本的な施策を実施すれば再建できる」と断定
 加えクライスラーに関しては「単独の生き残りは困難」と断定
加えて各論とし以下の4点が挙げられました。
※両社の再建計画は不十分(=つまり甘い)。よって再提出。
※GMワゴナー会長辞任との引き換えに
 60日間のワーキングキャピタルを提供(運転資金)
※フィアットとの資本提携を基本としたうえで
 一旦30日間のワーキングキャピタルを提供
※それでも無理であれば両社に破産法を適用する
としました。
最大のポイントは「期限設定」です。
ブッシュ前大統領の「とりあえず運転資金投入」から一歩踏み込み、
明確な期日を設定しました。
オバマ大統領の苦悩も伺えるのは、
安易に救済すれば、先日のAIGの高額報酬提供に代表される
アメリカ国民の反発を招きかねないリスクと、
一方で雇用維持が政策的に重要であることに加え、
自動車産業の麻痺による国際市場混乱が招く更なる不況リスクです。
現時点両社とも増資の受け先もなく、
加えて短期に急激な業績回復も見込めないため、
頼りは「国」と「債権放棄」しかありません。
あくまで予測ですが、
オバマ大統領なら大胆な「一時国有化」を選択するか、
もしかしたら「破産法適用」による再建」など、
<一歩踏み込んだ決断>を行いそうな気がしてなりません。
4~5月を見守りたいと考えます。では!!。
 

Archive

Recent article

Book

杉元 崇将(Sugimoto Takamasa)株式会社ポジティブドリームパーソンズ 代表取締役

1967年2月13日生まれ、福岡県北九州市出身。
福岡大学商学部卒業、グロービス経営大学院修了(MBA)。1997年、レストランウェディングのプロデュースを中心とした「有限会社ポジティブ」起業。4年後、「株式会社ポジティブドリームパーソンズ(PDP)」へ組織・商号変更し、現職に至る。"感動創出企業"としてホテル、レストラン、ウェディングなど、幅広い事業を展開。2013年第13回 EYアントレプレナー・オブ・ザ・イヤー セミファイナリスト選出。

Page Top