杉元崇将のポジティブスイッチブログ

どんな挑戦も、どんな奇跡も、スイッチをONにして立ち向かう
ポジティブドリームパーソンズ代表杉元のポジティブスイッチブログ

POSITIVE SWITCH BLOG X TAKAMASA SUGIMOTO

【企業理念と企業文化の関係~<理念は軸&文化は価値観>~】

こんにちは!今日もも人生を楽しんでいる杉元です。

20131005d
<10月1日は2014年新卒採用者の内定式でした。ここからの半年間の成長と自走を応援したい>

20131005a
<約5年振りの北海道。美味しいご飯と楽しい会話で盛り上がりました。「レストランは立地じゃないな。。」を痛感できた夜でした>

20131005b
<PDP恒例の「呑む会」。
10月はザマーカススクエア神戸とサンジョルディフラワーズ神戸のメンバーでコミュニケーションを高めました(写真を撮り忘れました(笑)。写真は先月のソウルでの一コマ)>

さて以下の写真は、
僕がPDPメンバー向けに毎週書いているSUGIMOTO`S VOICEという社内ブログです。

20131005c
<SUGIMOTO`S VOICEの原稿>

2008年期初から開始しましたので約5年半書き続けていることとなります。
よって約300件の社内ブログをアップした計算となります。

原稿は僕の時間がある時や仕事が休みのときに全て僕自身が書き貯めており、
毎週月曜日の10時には遅くてもPDP全社員が閲覧できる状態となっている【週間単位の社内ブログ】です

PDPメンバーはその月曜日から日曜日までに閲覧する事が義務化されており、
一方でどの組織のどの室やユニットの誰が閲覧状態が良いとか悪いとかも可視化される仕組みとなっており、
徹底する力や習慣化する力を見極める重要なバロメーターとしても機能しています。

元々の目的は「企業理念の浸透」が主な目的です。

2008年当時のPDPは企業成長は豊かでしたが、
まだまだ企業理念の浸透や、なぜこの会社で働く意味や意義があるのかという動機づけの仕掛けが弱いと僕自身は感じており、
一方で組織においてもミドルマネジメント層が増えてきたタイミングであると同時に、
新卒採用を開始したタイミングでもあったため、
「組織図を超えてトップが生声で会社の目指す理念や方向性を直接伝えるダイレクトツールが必要」との判断で開始したのが始まりでした。

現在はその【理念の浸透】というPDP WAYの浸透に加え、
その企業理念を軸とするならば、どんな価値観や世界観をPDPとして持ち合わせるべきか?という【文化の目線合わせ】つまりPDP CULTUREの目線合わせに主軸を移しながら執筆を続けています。

こういった仕掛けや仕組みを実施している経営者の方にも随分ヒアリングしたり、参考意見をもらいながら進めていますが、
会社によっては既に「社内向けの本」にされたりして、
アジアに進出済みの企業は「現地語に翻訳した本」にしたりして、
しつこく企業理念の浸透や企業文化の浸透を愚直に活動されていることに素直に頭が下がります。

経営者である僕は「方向性」を示したり、「言語化」したり、「浸透」させることがミッションですが、
最終的にはその「方向性」や「言語化」や「浸透」を図ることを通じ、組織自体やメンバー一人一人が、自社のあるべき姿を「自覚」したり、
取るべきアクションを「自走」し始めたりと、
【とるべき行動の指針】とさせるまでが僕の仕事だとコミットしています。

最近感じるのですが、
※企業理念=軸、思想、背骨、縦(深み)
※企業文化=価値観、性格、手足、横(広がり)
の関係で、どちらか一つが重要なのではなく、
理念という軸を柱にしながら、その軸の周辺を形成する価値観や世界観までがきちんと浸透して(正確には経営者がきちんと浸透させて)、
初めて企業理念や企業文化が浸透したうえでシンクロする。
そして【世紀を超えるような凄い企業を創る基盤】になると考え始めました。

PDPでは採用時の考え方として【就職よりも就社】という独特の概念を持っています。

つまり「レストランでサービスがやりたい」「ウエディングプランナーの経験あります」「人事が好きです」という職種に対する意志も大切だけど、
「企業理念や企業文化に共感する」という会社に対する意志をより重視したジョインを推奨するという独自の考え方です。

特に僕のような創業社長は、
自分がいなくなった後の会社の基軸となる考え方や価値観を形成する使命があると思います。

来期より社内向けの本にしていく事でよりその浸透を深め、アジアでの活動をメンバー自身がしやすくする仕掛けを創る予定です。
是非応援してください^^

では今日も素晴らしい人生の一ページをお創りください!!では!!

Archive

Recent article

Book

杉元 崇将(Sugimoto Takamasa)株式会社ポジティブドリームパーソンズ 代表取締役

1967年2月13日生まれ、福岡県北九州市出身。
福岡大学商学部卒業、グロービス経営大学院修了(MBA)。1997年、レストランウェディングのプロデュースを中心とした「有限会社ポジティブ」起業。4年後、「株式会社ポジティブドリームパーソンズ(PDP)」へ組織・商号変更し、現職に至る。"感動創出企業"としてホテル、レストラン、ウェディングなど、幅広い事業を展開。2013年第13回 EYアントレプレナー・オブ・ザ・イヤー セミファイナリスト選出。

Page Top