杉元崇将のポジティブスイッチブログ

どんな挑戦も、どんな奇跡も、スイッチをONにして立ち向かう
ポジティブドリームパーソンズ代表杉元のポジティブスイッチブログ

POSITIVE SWITCH BLOG X TAKAMASA SUGIMOTO

【TSUTAYAを見て思う!!】

こんにちは!!。
本日も熱く人生を楽しんでいる杉元です。
いや~~2009年もついに4月に入りました。
ということは早いもので始まったばかりと思っていた2009年も、
既に1/4が終了し、今月が終わると1/3が終了します。
「なんとなく」過ごしていると2009年もあっという間です。
2009年に何をするのか?
その中で今は順調なのか?どうなのか?
そんな事を深く意識しながらまた来る事のない2009年4月を過ごしたいものです。
そんな僕も、本日で2009年度の「社長選考」の枠が全て終了しました。
モノ創りも重要だがやっぱり重要なのはヒト創り。
松下幸之助さんもよく言う言葉。
松下さんは「松下政経塾」に加えてPHP出版という出版社まで創ったほど、
人創りに注力しています。
経営者は人創りに本当に真剣になっているか?
経営資源の【人・モノ・金・情報・チエ】全て重要。
しかし最も重要なのはやはり人。
PDPでは第二創業期として、
今特に、人の採用と育成に注力しています。
人のアーリーステージでの育成をしっかりすれば、
その後経営チーム等に引き入れても本質的にはズレません。
モノ創りよりも人創り。重要です!!
さて本題。
昨日久々にツタヤに行きました。
最近のツタヤは以前の「単独店」(=レンタル機能のみという意味)に加えて「複合型な大型店」が増えており、
スターバックスやタリーズなどのスペシャリティコーヒーストアの導入による集客や収益の向上に加え、
自社で本などの販売も行っています。
昨日そのツタヤに行った目的は、
※スタバでコーヒーを飲むのと、
※本を見たかったから
なのですが、
随所にDVDレンタル最大手の戦略が垣間見えました。
ポイントは「ランキング」。
大手本屋が取り組むフルライン本屋(=総花的本屋)に比べて、
コンビニエンスストアと同様のPOSを駆使した売れ筋商品のみを集め、
しかもそれを「ランキング」化することを通じて、
消費者の購買意欲や最新情報の発信を実施していました。
ターゲットを、
DVD等を見る20~30歳代に定め、
スターバックスのようなセンス溢れるコーヒーが好きな世代にのみ響く
最旬の本を中心にセレクトしている所に、
マーケティングの妙をより強く感じました。
独自性ある商品(=ユニークポイント)を、
ベネフィット(特徴)にエッジをたてて研ぎ澄まし、
特定のユーザーを絞り込んだ上で、
強烈に訴求する。
ユニクロのマーケティング戦略に程近い、
勝ち組ならではの強さを痛感いたしました。
改めて「ヒントは外にある」。
そう感じた久々のツタヤ訪問でした。では!!

Archive

Recent article

Book

杉元 崇将(Sugimoto Takamasa)株式会社ポジティブドリームパーソンズ 代表取締役

1967年2月13日生まれ、福岡県北九州市出身。
福岡大学商学部卒業、グロービス経営大学院修了(MBA)。1997年、レストランウェディングのプロデュースを中心とした「有限会社ポジティブ」起業。4年後、「株式会社ポジティブドリームパーソンズ(PDP)」へ組織・商号変更し、現職に至る。"感動創出企業"としてホテル、レストラン、ウェディングなど、幅広い事業を展開。2013年第13回 EYアントレプレナー・オブ・ザ・イヤー セミファイナリスト選出。

Page Top