杉元崇将のポジティブスイッチブログ

どんな挑戦も、どんな奇跡も、スイッチをONにして立ち向かう
ポジティブドリームパーソンズ代表杉元のポジティブスイッチブログ

POSITIVE SWITCH BLOG X TAKAMASA SUGIMOTO

【本】

こんばんは!!
今日も一生懸命人生を楽しんだ杉元です!!。
今日は4月に入って最初の休みを取ることができました。
今年から会社のためにも時間管理を意識して、
意欲的に「効率化」&「切り替え」の為の休みを増やしたい。
そう考えています。
ちなみにですが、
4月から娘が幼稚園に入学しました。
入学式は先週開催されたのですが仕事で参加できなかったため、
先日幼稚園の前で将来の記念の為に写真だけを撮りにいきました。
加えて今日初めてその幼稚園に伺い、
どんな場所でどんな学びをしているのかを見に行きました。
「もも組」というクラスで元気ハツラツにグラウンドを走り回る姿を見て、
成長の早さを実感しています。
多くの本.JPG
<自宅の棚に積み上げられた未読の本の一部>
さて。
僕は毎月仕事絡みも含めて約20冊位の<雑誌>を読みますが、
3年ほど前から随分本の購入が増えてきました。
加えて現在通学中の大学院から推薦される本も「読んでいる前提」で授業が進められるため、
上記の写真(=約30冊)を4~5ヶ月くらいで読破せねばなりません。
しかしポジティブに考えれば、
一週間に一冊×50週(=一年間)=50冊となり、
<追い込まれた末の読書>とは言え、自分の学びに直結し、
年間で50冊は読んでゆきたいものです。
「雑誌」は本屋で購入するものの、
ビジネス書などの「本」を「本屋で選ぶ」ということはまず僕の場合ありません。
誰かからの推奨が殆どであり、
加えて大学院の推奨本として全てアマゾンで購入します。
(アマゾンは本当に便利です)
雑誌は読み終わった分はほぼ全て社員にプレゼンします。
本も振り返る必要のない分は社員に挙げます。
フィクションや小説はほぼ読みません。
加えてよく日経新聞の下段広告にある「○○の法則」的な本もまず読みません。
つまりどちらかと言うと「能書きを深く書いている本」や「考え方を深く唱える本」を読むことが大半です。
2009年も頑張って多くの本を読んでゆこうと思います。
では皆さん!!
明日も素晴らしい人生の1ページをお過ごしください!!では!!

Archive

Recent article

Book

杉元 崇将(Sugimoto Takamasa)株式会社ポジティブドリームパーソンズ 代表取締役

1967年2月13日生まれ、福岡県北九州市出身。
福岡大学商学部卒業、グロービス経営大学院修了(MBA)。1997年、レストランウェディングのプロデュースを中心とした「有限会社ポジティブ」起業。4年後、「株式会社ポジティブドリームパーソンズ(PDP)」へ組織・商号変更し、現職に至る。"感動創出企業"としてホテル、レストラン、ウェディングなど、幅広い事業を展開。2013年第13回 EYアントレプレナー・オブ・ザ・イヤー セミファイナリスト選出。

Page Top