杉元崇将のポジティブスイッチブログ

どんな挑戦も、どんな奇跡も、スイッチをONにして立ち向かう
ポジティブドリームパーソンズ代表杉元のポジティブスイッチブログ

POSITIVE SWITCH BLOG X TAKAMASA SUGIMOTO

【ホテルでランチ!!】

こんにちは!!
本日も人生を楽しんでいます杉元です。
シー.JPG
<雨のディズニーシーへ!!>
さて昨日はオフだったので、
数ヶ月ぶりに娘といわゆる「サシ」での時間を取りました。
ドライブも兼ねて舞浜に行き、
少しだけディズニーシーでのアトラクションと散歩を楽しみました。
ランチは改装されたばかりのシェラトン東京ベイにすることにしました。
豪華客船をイメージしての改装ということで、
ロビーなどはとても大変身されていました。
客船をイメージ.JPG
<豪華客船をイメージされたロビー>
吹き抜けのレストラン.JPG
<吹き抜けの開放的なレストラン>
満席.JPG
<この天気にも満席!!>
しかし昨日はあいにくの雨でしたが、
一階ランチの客数の多さには大変な驚き感をもちました。
おそらく数百席はあるでしょうがほぼ満席です。凄い。。
よく業界紙でも最近はブッエの魅力を取り上げる機会を見受けますが、
その人気具合をまさに直面する良い機会にもなったと感じています。
<経営側&運営側から見たブッフェのメリット>
・客単価が高く設定できる
・オペレーションを効率化できる
・原価を抑えることができる(一定の客数や予定の客数が確保できれば)
<顧客側から見たブッフェのメリット>
・色々食べれる!という豊かなバリエーション
・色々食べれた割には!というコストのお得感
・ファミリーや仲間で楽しめる
<経営側&運営側から見たデメリット>
・客数が暴れた時の収益が読みにくい(=確保しにくい)
・レベルにこだわりを持つ社員の採用やモチベーション維持が難しい時がある
<顧客側から見たデメリット>
・ビジネスランチには向かない
・メニューが画一的であれば「選べる」メリットを見出しにくく、結果飽きる
などでしょうか。。
こう考えると、「収益モデル」と「客層」
特に「ターゲットにする客層を誰に設定するのか?」が重要なファクターになり得そうである。
皆さんいかがですか?
TVをふんだんに.JPG
<館内にはふんだんにTVが配置され、情報の発信基地に>
改装されたチャペル.JPG
<チャペルもガラスのバージンロードとなり素敵です>
日々勉強ですね!!。大変参考になりました。
では今日も残り少ないですが
素敵な人生の1ページをお過ごしください!

Archive

Recent article

Book

杉元 崇将(Sugimoto Takamasa)株式会社ポジティブドリームパーソンズ 代表取締役

1967年2月13日生まれ、福岡県北九州市出身。
福岡大学商学部卒業、グロービス経営大学院修了(MBA)。1997年、レストランウェディングのプロデュースを中心とした「有限会社ポジティブ」起業。4年後、「株式会社ポジティブドリームパーソンズ(PDP)」へ組織・商号変更し、現職に至る。"感動創出企業"としてホテル、レストラン、ウェディングなど、幅広い事業を展開。2013年第13回 EYアントレプレナー・オブ・ザ・イヤー セミファイナリスト選出。

Page Top